エネ夫

624離婚さんいらっしゃい 2008/03/23(日) 13:42:28
離婚になかなか同意しなかった元嫁がやっと同意し、はれて独身になれた。
不倫関係の彼女は正式に彼女に。
でも「あのクソ女、やっと別れたんだね!これで一生私といてくれるんだよね?」って言ってる×1子2持ち彼女より、「その人と一緒にいてあなたが幸せになるなら…」って号泣しながら別れてくれた元嫁の方が自分にとって大事な人だったのかも…www
俺判断ミス?www



60名無しさん 2014/04/13(日)10:02:35 ID:???
過疎ってるみたいだから俺の馬鹿な不倫話をひとつ。
ゆっくり投下させてくれ。
最初に言うと、もう嫁とは和解して再構築目指してる。


当時、嫁も俺も二十代前半。結婚はしてたけど子供もまだいなかったし、
俺は鬱病発症したり転職しまくりで、はっきりいってまるで駄目男。
嫁の収入に頼ることも多々あった。
んで、ある時、以前から嫁が反対していたある職業に転職。
嫁は嫌がったけど、きちんと休みがあるし終電で帰れるし何より俺の大好きな職種だからって無理矢理説得したの。

嫁は学校卒業後はずっと一人でフリーランスで仕事してるから収入も常時安定ってわけじゃないし、
そこの不安をあおるっていう卑怯な手も使った。
んで無事就職。まぁその職種は堅気ではあるけど、ザ・ド底辺の職場な訳で
仕事が終わったら朝まで呑みしたがるような人ばっかり。
俺は家賃も光熱費も払わず飲み歩き、家にも帰らず。
挙げ句の果てにそこでアルバイトしてた女の子(Zとしておく)と不倫しかけてた。

で、あまりの俺の酷さに嫁がキレた。だけど当時まだ若くて(たかだが嫁の一個下)
学生で素直で俺の言うことに何でも笑ってくれるZがいたから、とにかく正論ぶつけてくる嫁が
気に食わなくて家出。
Zの家に転がり込む日もあり、その上更にカードローンも作った。
結局四ヶ月ほどかかって和解。
正直和解なんてしなくてもいいやって俺は思ってて、ただ自由になりたかった。
別にZと結婚したいとかじゃない。正直Zはこの時点ではそんな好きじゃなかったんだよな。
ただ甘やかしてくれるほうが良かっただけっていうクズな俺。


198名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/22(木) 12:37:54.34
聞いてくれ
嫁がヒス持ちの女だというのはわかってたが、今回はちょっとヤバい…

この間、嫁の祖父が急逝して嫁が通夜や告別式とかで実家に帰ってた。
祖父母宅から実家が近いから、よく遊びに行ったり従姉妹達と夏休み中は託児されたりと、嫁はじいちゃんばあちゃん大好き。
それで、デジカメに生前のじいちゃんの写真が入ってたとかで見せて貰った。
「でも、ばあちゃんには見せられない…」と言うから何で?と聞いたらばあちゃん泣いちゃうから…と。
それから色々話してたら、そっから嫁激怒。
何か怒りのスイッチ入れちゃったみたいで、ドッカーンとブチ切れ。
それからは口もきいてくれなくなって、完全無視状態。
そしたら今朝「別れて下さい」と言われた…。
嫁は無職で専業だし、「離婚したら生きてけないくせに」と言ったら「どんな辛い仕事でもやる。あんたといるよりマシだ」とさ。

いつものヒステリーの方がどんなにいいか…何なんだもう…


144: 名無しさん@HOME 2013/06/19 16:46:01

 流れ読まずにただ気持ちをスカッとさせたくて書いてもいいのかな お目汚しだったらごめんなさい

 結婚1年半で先月離婚した。 ずっと義母に実家と親や自分の職業をいろいろ悪く言われて イヤだという事を夫に言っても 「俺親と喧嘩はしてくれるな。無視しろ。まきこむな」 としか言わなかった。

 「田舎出身の嫁をもらってやって都会の我が家に住まわせてやった。 ○○ちゃんって心が広いわね!アナタも田舎から出れてよかったでしょ?感謝してよね」 「田舎の人ってこういう便利なものないでしょ?(各種健康器具やら健康食品、台所の便利グッズ)は高かったのよ!○○円もしたの。やっぱりイイもの使わないと健康な体にならないから」 「この喪服いいでしょ~。○○万したの。アナタの祖父祖母のお葬式に着ようと思って新しく作ったのよ。もうお年だものねぇ」 「アナタもいい加減会社辞めて、嫁として○○ちゃんに尽くさないと駄目! アナタったら土曜も仕事だし毎日遅くてナニか忙しそうにしてるしあの子が可哀想。 私なんか結婚したら即勤め辞めて夫にピッタリくっついて何一つ不自由ないよう尽くしたんだから」 他にも会社での私の肩書きが気に入らないとか、息子よりも高給取りな事とか 2~3ヶ月に1回出張する事(大学との共同研究関係)とかイロイロと面と向かって言ってくれた。 いい加減愛想もつきた時期、会社が法人から株式に切り替わり仕事量が数ヶ月間とんでもなく増えることになった。 その時期がすぎるまでは会社まで車で5分の実家で寝泊りしたほうがイイという話に持ち込み離婚に向けて準備を始めた(義実家は車で1時間) 1ヶ月もたたないうちに義実家の家の中がまわらなくなって毎週末片付けに来て欲しいと泣きついてきたが、土日休祝日なしで7時出勤&22時過ぎ帰宅なスケジュールなので無理と断り続けた。 メイドで家政婦で反抗しない奴隷嫁がほしい義実家にはもううんざりだ。 その後しばらくして緑の紙もって夫が来て、言った一言 「見合いで何人もの人に断られたけど、お前と結婚したのはお前が俺の言うことを聞きそうだったからだ。言うことをきかないなら要らない。お前のような糞を選んだのは間違いだった」 満面の笑みで言い返したよ。 「間違いに気づいてよかったね。今度はロボットかお人形と結婚すればいいとおもうよ。 アンタの描く嫁は空想のナカにしかいないからw」

428名無しさん@HOME 2014/02/07(金) 16:43:58.66 0
初カキコです。
長文になります。文章がおかしかったらすみません。

結婚当初から「同居しろ!しないなら仕送りしろ!家事手伝え!」な近距離別居の元ウトメ。
アポ無し凸で、家から金目の物を泥する事もあったが
普段仕事でいないのもあり頻繁ではなかったし。
元旦那もややマザコンエネ夫で「悪気はないから~」
「ママンも困ってるんだから大目に見てあげて~」だったが、適当に距離置いてなんとかやっていた。(以後”元”外して書きます。)

3年前、実家の母が癌で亡くなった。(父は既に鬼籍)
葬式でトメに「私子の両親いなくなったから、これで心置きなくうちに来れるわね~介護する親は私らしかもういないし~」と嬉々として言われた。旦那・ウトは諌めるわけでもなくウンウンと頷いてた。
頭に血が上るほどムカついたけど、母の葬式で揉め事は避けたかったから我慢した。
姉夫婦(小梨)とうちの息子(当時高1)娘(中2)も怒りに震えていたけれど、なんとか宥めて母を見送った。


母の葬式から2週間ほどたった頃、姉から電話があり、亡き父の友人と名乗る弁護士さんが訪ねてきて、
癌告知された母からの依頼らしく遺言状があるとのことで、私夫婦+姉夫婦同席で弁護士さんに会った。
遺言状の内容は、子供達(うちは2人姉妹です)に均等に財産を分けて欲しいとのありきたりな内容だったのだが、
遺された財産を聞いて姉と腰が抜けるほどビビった。
土地家屋以外に、預貯金や国債を合わせて9桁超えてる・・・。
うちは全く資産家でもなく至極普通の共働きサラリーマン家庭で、お金に不自由な思いをしたことはないけど、贅沢させてもらった覚えもない。
実家も普通の団地に家族4人が住むのにちょうどいい広さ程度のもの。
弁護士さんも病床の母に聞いた事しかわからないがと、両親が結婚当初からコツコツ貯めていて、両親の退職金・父の生命保険も手を付けることなく娘達に遺しておいたと話してくれた。
姉夫婦は「うちは小梨で今後も出来ないしこの歳でもう作るつもりもない。遺産は子供のいる妹に全部あげて欲しい。」と言ってくれたが母の希望通りにしてあげたいとの私の申し出に渋々従ってくれた。

続きます。



このページのトップヘ