むかつく

458: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/16(火) 22:37:27

好きな人がいるから別れてほしいって言われた。

子供はお母さんについて行くだとよ。
相手は、

自分が悪いから慰謝料は払います。
あなたの車も家のローンも一括で払います。
仕事探してるなら紹介します。
新しい家借りるなら、敷金礼金に家賃1年間払います。
その他に何かあるなら言って下さい

だってさ。
30らしいけど、あんた何者よ?

もう嫁の気持ちは戻ってこないだろうな。
嫁いないと生きていけない。



555: 名無しさん@HOME 2008/03/06(木) 09:14:07

散々小さないやがらせを受けてきていて、
それを夫もウトもコトメも怒り狂って〆るが全くやむ気配がない。
捨てられたりはないけど、私が料理をすると食事の前にカップラーメンを食べたり、
玄関から縁側に靴を移動したり、
家に来る時はポットのお茶持参だったり。
まあそれでも別居だし、ウトとコトメは好きなのでちょくちょく義実家へ行っていた。
大体やる事がちっちぇーーwとpgrしてたので気にしてない。
そしたらある日の義実家での夕食、とんかつを出されたんだけど
私のお皿はグチャグチャ。
カツとちぎっただけのキャベツが程よくミックスされ、さらにご飯まで盛ってくれてる豪華版。
もちろん他の人のは千切りキャベツにトマトが彩りよく乗ってたよ。
それを見て怒り狂う義実家様御一行、
「これはお前が食え!」と突き出すけど、「お腹に入れば同じ」、
「私はもうさっき食べたからいらない」と涼しい顔のトメ。
結局夫に引きずられるように家に帰ったんだけど、
もう実家とはかかわらない様にしよう、ウトとコトメとは外で会おう、と言ってくれた。
そしてトメと会う事なく数年、子供が生まれた。
で、まあ一応ばあちゃんだしこれを機に仲直りするか、となって会った。
あの時は更年期障害か何かだったのか、すっかり丸くなったトメ、
孫も可愛くてしょうがないらしく何度も謝罪された。
こっちもニコニコして「お昼うどんにしましょうね、私作りますから」と台所へ。
出来上がって食卓に持っていくと固まる皆さん。
トメのどんぶりには大量の小麦粉が入ってるだけだから当たり前よね。
笑顔で「さあどうぞー、あ、これお腹に入っちゃえば同じですもんねー^^」
トメはボロボロと泣いていたし、心底おびえたような顔でこっちを見るウト、コトメ、夫。
そして何食わぬ顔でうどんをすする私。
「あら、お口に合いませんか?」と心配そうに言うと、3人は無言で食べ始めた。
スカッとしたので「今度来ていただけたらお寿司でもとりましょう。
これからはもう何もしませんからね」と笑顔で送り出した。
言葉通りちゃんとあれ以来出前にしてますよ^^


35: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 21:43:36.08 ID:bOXXJaoV0.net

再婚組だけど前の結婚の時の子供二人めんどくさくなって施設いれてること 
かわいくもないし本人達には早くタヒんでほしい 
今の旦那には元旦那に親権とられてすったもんだでやむなく施設にいくことになったって話してある 
はやくタヒなないかな
今の旦那との子供はかけがえのない宝物でもうはなしたくないです
前の結婚はすべてにおいて地獄の記憶しかない
顔もみたくないし、もうなにをどうしても愛せない存在です


722: 名無しの心子知らず 2013/04/18(木) 21:18:38.15 ID:b/MrQX+b


 
かなり長いけど書き逃げ
私の人生の中でかなり驚いた泥キチママ話。

多少のフェイク有り

矛盾があるかもしれませんがご容赦下さい。 

数十年前、私がまだ独身の頃の話。 
大学に通いながら空いた時間にバイトしまくってた頃。 
コンビニだったんだけど、自分は主に深夜、たまに昼間も入ってました。 
パートやアルバイト従業員は数人しかおらず、万年人手不足の店で(ド田舎、若者が周りに住んでいない)

私が前日に店長に出勤する旨を伝えてシフト表に書き込めばOKなわりかし自由な感じだった。

お店には社員がいて、社員が店長と副店長を務めていて
研修も兼ねてるらしく半年くらいで違う社員が来て代変わりしてた。
とにかく人がいないので、バイトが出ない時間は社員が出ていて、
私が出勤すると社員達は歓迎してお昼奢ってくれたりして結構楽しくやってた。

そんなある日、ずっと張りっぱなしになってたバイト募集広告に若い女の子(20歳)が応募してきた。

面接の時にちらっと見かけたけど、見た目中学生みたいな小柄な子。
(彼女をAとします)
店長に面接どうでしたと聞いたら「うん、採用!」と言っていた。
面接ではハキハキと喋り、リクルートスーツで来たので好印象だったと。

でも乳幼児持ちだから突然シフトに出られなくても容赦しろと言ってきたらしい。

でも履歴書の扶養の欄には何も書いてない。
彼女は未婚の母というやつらしく生活費を捻出しなきゃならないので、絶対働きたいと言う。
人手不足ということもあり、店長も気に入って即採用。
すぐに店に入ってもらうことになった。
私は深夜シフト、Aは昼勤なのであまり顔を合わせる機会はないと思ったが、自分は休日祝日の昼間も入っていたのでシフトが重なる時があった。
Aは教えたことはキチッとやるし、声かけもまずまず。
社員達も飲み込みが早いとAを気に入ってる様子でした。

これで社員や他の従業員達も少しは楽になるかな…と思ってたら、何だか様子が変わってきた。

557: 名無しさん@HOME 2011/04/29(金) 18:24:39.99

妊娠報告に行ったら
『この売女!』と湯のみを投げられたので
近くにあった新聞で打ち返した。
トメに当たった。



このページのトップヘ