むかつく

512: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/25(金) 23:43:11.64 ID:siqjbAqJ
20年ほど昔の若かりし頃の修羅場
文章へたくそだけど

夜10時くらいに腹減ったので
セブンへ買い物に車で出かけた。

その帰り道見通しの悪い横道から一時不停止で
車が飛び出してきて、ぶつかってしまった。

幸いにお互い身体はどうもなかったが、
車はかなりのダメージでした。

当時携帯なんかは持ってなかったので、
警察呼ぶ前に連絡先の交換でこちらの連絡先を伝え、
相手の連絡先をメモろうと車の中のメモ帳を
取りにいった瞬間、相手の車が逃走してしまいました。

残された私は呆然。
クラウンやっぱり強いね。
私のレビンはエンジンかかりもしません。

ご近所さんが音を聞いて駆けつけてくれたので、
とりあえず電話を借りて警察に連絡はしました。
相手の車のナンバーはなんとか数字だけ
覚えてて警察に伝えました。

で警察がワラワラやってきて
現場検証して事情聴取ですけど、
人身じゃなかったら警察って
まともに調べてもくれないのね。
番号と車種分かってるのに
これだけじゃ分からないって言われたのも、
小さな修羅場です。


228: 名無しさん@おーぷん 2015/02/16(月)23:35:09 ID:2bF
彼氏に「結婚したいなら別の人を探して」と言われた時。8年付き合ってw
その時はショックでショックでまさに
「捨てないで~あなたじゃなきゃダメなの~~」だった。
友人にその話をしたら
「じゃあ結婚式費用浮いただろうから旅行行こう!」と言われてハワイへ。
正直呆然としてて
「何で私飛行機乗ってるんだろう。しかもビジネスクラスの」
って感じで夢心地だった。

友人は自分の分は自分で出した。
プランとか知らない間に決まってて
「この出発日の中から5日休める日を選んで」「パスポート持ってきて」
と平日出発だったのでまぁ安かったかな。でもビジネスは高かったけど。
「海だー!」とはしゃぐ友人の横で
「う・海だーーー」って付き合ってるうちになんかもうどうでも良くなった。
青い海と空はすごい。
友人の申し込んだ浜辺でヨガをするツアーとか、本当意味分からんかったw

夜の海を見ながらホテルのバーでカクテル飲むとかwなにこれwと思いつつ友人と色々語った。
彼氏とのことを思い出すとちょっと泣いた。
横の白人のおばさんが慰めてくれた。
片言英語で
「失恋です」と言うと必死に
「人生は長いのよ」ということを言ってくれた。
背も横も広いおばさんにハグしてもらったらいい匂いがしてフワッとした感触だった。

友人は「私は結婚てか恋愛に向いてないから多分一生独身。仲間が増えるのはうれしい」
と冗談なのか本気なのか分からない慰め方をしてくれた。
その時私は30代半ば。これはもう本気で一生独身コースだなと覚悟した。
じゃあ習い事でもしょうかな、そうだまたハワイに行きたいから英語しゃべれるようになりたいな
と英会話教室に通いだし、今の旦那と出会った。人生何があるか分からない。

その後ふっておいて彼氏からロミオメール。何がしたいんだこいつは。
要するに
「お前の家は金持ちだった。俺の家はそうじゃない。格差を感じた」そうだ。
うちはごく普通のサラリーマン家庭ですよ。彼の家は親族経営の自営。
うちを金持ちと思ったならそれでいいけどさ、それでふっておいて連絡してくるのは何なの。
しばらく付きまとわれたけど、ロミオメールが次第に
「金がない」愚痴になっていってとうとう付きまとう金もなくなったのか、知らない間にいなくなった。

彼にふられた時も修羅場だけど、ハワイ帰りの飛行機がエコノミーだったのも(友人がケチった)
ビジネスを知った後&遊び倒して疲れた体には中々修羅場だったw

765: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)20:48:53 ID:8O86ZE79x

まだ20代前半の頃のはなし

私は上京して一人暮らしをしていた。
そこへ幼馴染のA子がアポなしでやってきた。
久しぶりに会うA子にすごくビックリした。
結婚してA子も東京にいるのは知ってた。
まだ携帯もネットも普及していない時代だったから、
年賀状で近況を知らせ合うのが当たり前。
A子の顔は痣だらけで、こんな言葉は当時はなかったけど、
DVだと察しはついた。

話をきくと、A旦那は賭け事で借金がかさみ、
A子に夜の店へ行くように命じた。
A子拒否。怒り狂った夫に暴力で脅され、
監禁されたけれど夫の目を盗んで着の身着のまま逃げ出してきた。

年末の寒い中、薄っぺらな上着を脱いだA子は
ほつれてポロポロのセーターに膝の抜けたジーンズ
穴の開いたよれよれのスニーカー、靴下も履いてなかった。
手にしているのは私の年賀状だけ、
お金がなくて半日歩いてやって来たそう。

庇ってやろうにも、生活の面倒見てあげるほど私もお金を持ってない。
年賀状等もすでに何通か送っているので、
私の住所がばれるのも時間の問題。
私の母が義父にDVを受けていたのに警察が何もしてくれなかったし
都会の警察は違うかもしれないけれど、
警察に呼び出された義父が帰宅してから
母にさらに暴力を振るっていたのも見ていたので、
警察もダメだと思った。

私も東京に知り合いがいるわけでもなく、
同僚とはこんな修羅場に巻き込む程親しくない。
A子にしても、助けてくれる知り合いがいるなら私のところになんか来ない。
とりあえずA子を風呂に入れて私の服を着せて、二人で途方に暮れていた。
A子はいくらかお金を貸してほしい、きっと返すから、と言って泣いた。
現実的にそれしかない気もした。
その時、ピンポンが鳴った。

私たちはドキドキして顔を見合わせ、
私は玄関にまさに忍び足で向かい、ドアスコープで外を見た。
玄関の前にいた男と目があった。
ビックリして飛びのき、声が漏れないように手で覆って部屋に戻った。
私は無言のままA子の手を握って、首を振った。

私はめまぐるしく考えた。
逃げなきゃ、と思った。アパートは二階だし、でもベランダからどうにか…
とベランダのある寝室に使っている部屋の方を見た時、心底驚いた。
心臓が一瞬止まって血の気が引いて、次に顔がかーっと熱くなった。
閉めてあったふすまが開いていて、男が二人立ってた。
男たちがニヤリとして、一人が玄関に向かった。
玄関の開く音がして、男たちが数人、入ってきた。
妙なもんで、ああ、土足のままだよ、なんて思った。

743: 名無しさん@HOME 2012/07/29(日) 03:03:46.09 0
区切りをつけたいので書かせてください。
すっきりする話ではありません。

過酷かつ薄給な職場で6年働いていました。
上司も厳しく、キツい人なので、職場の人間関係も
あまり良くなく、ほとんどの人が続かない職場です。
私も何となく辞められないまま続けていました。

ある日、その会社の社員のお母様が亡くなられたという
ことで、私が係となり、香典を集めました。
それを香典袋に入れて、上司がお葬式に参列しました。
しかし戻ってきた後、真っ青な顔をして私を呼びました。
香典の中身が無いことに気づき、あわてて自分のお金を
入れたとのことでした。金額は3万円ほどでした。
私は確かに入れたはずですし、そのままどこかに
置いたりもせず、上司にそのまま渡したということを
伝えましたが、聞いてもらえず、泥棒扱いをされました。
(一応探しましたが、出てはきませんでした)
それで職場にいずらくなり、辞めることになりました。


533: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/03/20(金) 08:27:51.07 ID:XjIe8pP3.net
アレルギーがある子供。
最近多いし、その親はモンペが多いのが嫌い。お前の育て方に問題もあるんじゃないのかと思う。
あとは、市販の物を添加物だらけ!の手作り推奨ママ。そういう人は外食ゼロなのか。
絶対、リアルじゃ言えんww


このページのトップヘ