むかつく

844: 名無しさん@HOME 2009/08/25(火) 16:01:40 0
帝王切開で子どもを産んだんだけど、
「出産一つまともにできないなんてねぇ」と言われ続けて1年半。

子どもがちょっと泣き止まなかったり、イタズラしたりしただけで
「産まれ方がまともじゃなかったからねぇ。可哀想にねぇ。
大きくなってからも苦労するわ、普通に産まれなかったから」とグチグチ。

冷静に反論しても、怒鳴っても、泣いて切れても無駄で、
仏壇(ウト鬼籍)に向かって聞こえよがしに
「嫁子さんはちょっと精神的にほら、アレだから…。
孫子も似てるところがあるのよね、困ったわね」と独り言。

近距離別居だったんだけど、黙って隣の市に引っ越した。
もちろん引っ越し先も内緒だし、携帯の番号も変えた。
その後、子どもを実母に預けて、夫婦でトメの所に行った。

夫からトメに「悪いけど、子どもはそろそろ言葉を理解してきてる。
家族が母さんに傷つけられるところ、見たくないんだ。
これまで何度言ってもわかってくれなかったから、こうするより仕方ない」
と絶縁宣言。

トメは、「そんなつもりじゃ」とお決まりの台詞を繰り返してたけど
私はにっこり笑って、
「もうこの先は二度とお会いすることもないと思いますが、お元気で。
今までありがとうございました。さようなら」って言ってやった!

冷静に、にこやかに、言えたことが今でも私の誇りww
以来3年間、音信不通です。



532: 名無しさん@HOME 2013/06/26(水) 13:13:26


うちは完全同居。夜中に何度もトイレに起きる義母。 
今朝は、私も明け方に同じタイミングで目が覚めた。そしたら義母が私を呼びとめて、 
「今トイレに行ったら黒い雲のような物がもやもやと見えた。 
廊下に出たら消えたけど、これはアンタがご先祖様をないがしろにしているからだ」 
「どうしたら、わかってくれる! まだ孫も成人してないのに、 
アンタのせいで罰が当ったに違いない」 

夫を起こして相談、「明るくなったら、義母を医者へ連れて行ってくれ」と言われた。 
義母は網膜剥離や脳梗塞の既往症あり。高血圧による眼底出血か、さもなくば軽い飛蚊症かも。と、夫の見解。 
(トイレの壁は白く、廊下の壁は暗い色)

義母は彼女が見えた黒いモヤモヤは、何かの霊と思っていて、「医者へ行ってくれ、○が付き添うから」との夫の言葉に
「○(嫁)がお仏壇の世話をしないから、ご先祖の霊がお怒りになってでてきたの!
私は医者なんか行かないよ!」

百歩譲って、黒いモヤモヤがご先祖様の霊だとしよう。でもその理論だと、ないがしろにしてる嫁(私)の前に現れるべきじゃないかな。
なんで信心深い義母の前に出るの。これ、現在進行形の出来事。
「あんたのせいでお化けがでた」「私が頭がおかしくなったと思ってるんでしょ!」と、発言がだんだんエスカレート。
「私は病気じゃないよ!」「あんたがご先祖を粗末に扱うのは、あんたのお里のやり方だろう?」
「あんたの母さんもお祖母さんも、不信心だったのかねえ」
蛇足だけど、仏壇のお世話と言うのは、御本尊と脇仏に毎朝、炊きたての
仏飯・花・お供え(四季折々)をし、蝋燭・香を焚き、線香を焚き祈る事。
今のところは義母が毎朝している。

て言うか、私が嫁に来た当時、仏飯をつごうとしたら、
「私がやるから、あなたは触るな」と仰ってらしたのだが。「医者へは行かないよ」
それでも優しくなだめてお医者に連れて行くのが嫁の務めと判ってはいるけど。
実家の母と亡祖母までけなされたこの胃のムカつきは、どうしたらおさまるだろう。

ちなみに10時半現在、まだ説得できていない。


978: 名無しさん@HOME 2007/08/24(金) 18:30:11


 
豚切って、スマソ。この1年の騒動をカキコしたい。 

連続投下、よろ。 

ウト定年時、当時独身の旦那に、生活できないから支援汁と泣きついた。 
被虐待児の旦那、同居されるのよりはマシと渋々了承。 
最初は、年に数回金を送ってた。 
しかし、別居でも送金受ければ→旦那の扶養に入れる→旦那の保険証が使える→ 
何よりきちんと金が入ると気付いたトメ。 
「旦那は独り身。経費として落とす物が何も無い。 

仕送りすれば、私達は扶養に入れる、 
息子ちゃんは、扶養者が増えて税金控除が受けられる。 
息子の為に私達が扶養に入ってあげましょう、これは、息子の為なのよ。」 
とウトに進言。真に受けたウト、旦那の会社に電話。扶養に入れさせた。 

そして、トメ、旦那口座を作り、旦那に強制送金させ、 
まんまとウト口座に金が流れる仕組みを作り、旦那会社の保険証を手に入れた。 
送金の際発生する、手数料さえ、旦那持ちにさせる事は、トメ忘れなかったよ。 
こうして、僅かな所得税を減らす為に、年72マソも仕送りする事になってしまった旦那。 

もう、かれこれ15年以上、総額は、1,000マソを超える。(続く)


825: 名無しさん@HOME 04/05/26 20:15

この間、うちの家でトメ・ウトの親戚を集めて法事があった。 
もうそろそろお開きというので、トメが菓子を萩焼の菓子器に入れて運んできた。 
コトメが「あら、この菓子器かわいくて、いいじゃない」とほめたので 
トメはご満足、萩焼のノーマルな菓子器に花の形に切り込みがあって、親戚の人にも好評だった。 
「かわいらしいやろ、あんた欲しかったら持って帰り」と、コトメに・・・ 
「あら?いいの」とコトメ、うれしそう。 
「すみません、お母さん、それ、人にやらないでください」と私。 
「あら、うちの嫁子も欲しかったの、ほほほ・・・ 
ちょっとカワイイモノなら好きなんですよ。うちの嫁。」とご満悦のトメ。 

「はい、それ、私が萩に行ったときにわざわざ、窯元まで行って
買ってきた思い出の品ですから、人にやらないでください」と私。
はっと天然かましに、気づいたときには親戚の人、固まってました。
トメは、ひたすらバツ悪そうに「まあ、ほほほほほ・・・まぁ」と笑ってました。
「人のものなら、勝手にもらったらいけないわな」とコトメ旦那。
気まずい雰囲気で、親戚はさっさと帰っていきました。

555: 名無しさん@HOME 2008/03/06(木) 09:14:07
 
散々小さないやがらせを受けてきていて、 
それを夫もウトもコトメも怒り狂って〆るが全くやむ気配がない。 

捨てられたりはないけど、私が料理をすると食事の前にカップラーメンを食べたり、 
玄関から縁側に靴を移動したり、 
家に来る時はポットのお茶持参だったり。 

まあそれでも別居だし、ウトとコトメは好きなのでちょくちょく義実家へ行っていた。 
大体やる事がちっちぇーーwとpgrしてたので気にしてない。 
そしたらある日の義実家での夕食、とんかつを出されたんだけど 

私のお皿はグチャグチャ。
カツとちぎっただけのキャベツが程よくミックスされ、さらにご飯まで盛ってくれてる豪華版。

もちろん他の人のは千切りキャベツにトマトが彩りよく乗ってたよ。
それを見て怒り狂う義実家様御一行、
「これはお前が食え!」と突き出すけど、「お腹に入れば同じ」、
「私はもうさっき食べたからいらない」と涼しい顔のトメ。
結局夫に引きずられるように家に帰ったんだけど、
もう実家とはかかわらない様にしよう、ウトとコトメとは外で会おう、と言ってくれた。
そしてトメと会う事なく数年、子供が生まれた。
で、まあ一応ばあちゃんだしこれを機に仲直りするか、となって会った。
あの時は更年期障害か何かだったのか、すっかり丸くなったトメ、
孫も可愛くてしょうがないらしく何度も謝罪された。

こっちもニコニコして「お昼うどんにしましょうね、私作りますから」と台所へ。
出来上がって食卓に持っていくと固まる皆さん。
トメのどんぶりには大量の小麦粉が入ってるだけだから当たり前よね。
笑顔で「さあどうぞー、あ、これお腹に入っちゃえば同じですもんねー^^」
トメはボロボロと泣いていたし、心底おびえたような顔でこっちを見るウト、コトメ、夫。
そして何食わぬ顔でうどんをすする私。

「あら、お口に合いませんか?」と心配そうに言うと、3人は無言で食べ始めた。
スカッとしたので「今度来ていただけたらお寿司でもとりましょう。
これからはもう何もしませんからね」と笑顔で送り出した。

言葉通りちゃんとあれ以来出前にしてますよ^^


このページのトップヘ