むかつく

388: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/25(月) 19:04:19.00

他の人に比べたらすごく些細でセコい話ですが

兄と同居の母がお土産に佃煮を母の分と兄夫婦の為に
買ったんだって。
自営業なのでお昼は他の従業員さんたちと食べるらしいんだけど
兄は勝手知ったる冷蔵庫@母のなのでお昼に勝手に開けて
佃煮(母の分)を取り出して食べてしまうんだって。
で、何度も同じ事をされて、自分たちの冷蔵庫から持ってこない嫁にも
イラッとしたらしく「同じものを多めにあげたでしょ?それを食べたら?」
とつい言ってしまったんだそうなw
そうしたら嫁が「ほら~ダメだよ~」としか言わず、取りに行きもしなかったんだって。
食べちゃったからではなく『おかずが1品減るから勿体無い』という理由でw

結構な稼ぎがあるのにそこまでケチるんだ~と思ったしだい。
兄は自分の親だから勿論甘えてるんだけど
嫁も一緒になって乗っかってるらしいwww
自分たちだけ得すればOKって奴みたい。

食べ物に関しては、聞いた話だと凄く質素にしてるみたいで
たまに母が食事に誘うと凄い勢いで食べまくるらしい@兄

やりくり上手なのはいいけど、対外的なお付き合いまで
ケチってる兄嫁だから、私はどうも好きになれないw

子供が生まれたら、その子が良く聞く他人の家で貪り食う子になりそうw
で、親は「おなかが脹れてラッキー」としか思ってないんだと思う。
あーやだやだ。ケチとかセコイ人間て大嫌いw


405: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/27(水) 00:40:28.35
実親が毒で自分で自立して生活できるようになってからは
絶縁に近い疎遠で、弟とも携帯電話くらいの付き合いしかない。
父が死んだ時も帰らず向こうでは人でなし扱いだろうけど
別にこっちにダメージがまったくないんで放置してたんだ。
そんな状況で知らない電話番号から頻繁に携帯に連絡が来たので
なんだろうと思って出たら弟嫁だった。
結婚してたのも初めて知ったくらいでビックリしたけど
要件が酷くてすぐ着信拒否した。

義母が借金あり過ぎ。なんとかしろ、こっちだって生活大変なんだ
娘なんだからお前が払え。
娘なんだからお前が同居して面倒見ろ。
もう同居なんてやってられるか!お前の母親糞過ぎ。
臭いしデブだし動かないし一緒の空気吸うのも嫌!

まぁ、こんな感じだった。母親が糞なのは誰よりも分かってるが
なんで私に言うんだ?弟に文句言えよ。私が搾取で弟は愛玩だから
弟は母親を憎むに憎めないのかねぇ。家出るまではすべての面倒私がしてたんだけどね
弟に連絡して事情聞いたら、弟嫁が勝手に携帯見て連絡してきたと言ってたけど
もう弟も信用ならないから番号変えて全部○投げすることにした。

しっかし弟もアホだなぁ。まるっきり毒母と同じような考えの女を嫁にするとは
正気とは思えない。

302: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/22(金) 10:33:07.12
兄嫁から電話が来た。兄嫁の弟が結婚するができ婚で貯金が無くて
お互いの実家に同居もできない。兄嫁実家は団地で2DKで嫁さんの方は
この結婚に反対で同居中のお祖父さんと言う人が寄せ付けないとか。
それでうちの旦那の空家になっている実家を貸してくれという。
私達は同郷。義両親は去年不慮の事故で二人一遍に亡くなってしまった。
実家には義母が洗った茶碗がふせたまま食卓には義父の好きなふりかけが
置いたままの状態で旦那は忍びなくて、気持ちの整理がつくまで
一切片付けたくないといい腐るものだけ捨てて後はそのまま。
電気もガスも電話もそのままで、今も電話すると留守電に吹き込んだ義母の
声が聞ける。ときごき夜中に旦那がそれを聞いて泣いているの知っている。
兄嫁は事故の事も実家を片付けられないことも話してある。
それをちょうどいいそのまま住めると言いやがった。
実家と兄に電話してこんな情の無い人とはもう付き合えないと言ってやった。
兄は何が悪いんだって言い方だったわ。兄も同じ穴のムジナだ。

665: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/13(月) 22:45:12.63
兄嫁がこちら側の愚痴らしき事を某SNSで呟いてるけどこっちに見られているとは思わないのだろうか?
はっきりと義実家が~と書いているわけではないけどそれっぽい内容

668: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/14(火) 14:08:59.21
昨日久しぶりに会った兄嫁さんに
「いきものがかりのオリンピックの曲いいよねー好きだわー。」
と言われて固まってしまった。
ああいう耳が痛くなる様な歌は苦手で
何と言っていいのか分からなかった。
兄嫁さんとは趣味嗜好が全く異なるので
会っても話がかみ合わないし進まないので困る。
向こうもきっと同じ様に思ってるんだろうなぁ。

770: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/18(土) 08:31:37.07
早朝6時に、玄関先で子供の泣き声。
お隣さんが気付いてインターフォンしてくれた(我が家は全員爆睡中)。

弟嫁、3歳2歳1歳児を置き去りにして、スポーツ観戦に行った模様。
3歳児の話から推理すると、ピンポンダッシュで逃げたらしいが、
私たちの耳には届いてなかった模様(スマヌ子供たち)。
弟は海外出張中で来年まで帰国予定なし。
弟嫁実家は飛行機で3時間の距離、ただいま自営繁忙期。

さて。どうしてくれよう。
ああ2歳児が●したらしい。夫が呼んでるわぁorz

835: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/24(金) 13:50:13.30

バカ弟嫁ムカツク。盆に飛行機の距離の実家に帰省していたら

「毎回、タダで旅行出来て呑気なもんですね。
孫共々世話になるなら4万円くらい置いて行くもんですよ」

そこが弟夫婦の家で、両親が同居させてもらっているならわかるが
両親名義の家に、家賃光熱費タダで来月から住もうとしているのは誰だ。
しかも食事、洗濯完全別で、掃除も自室のみ宣言したくせにどの口が言う。

「家建てられるとか。ずいぶん高給取りですね。騙された」
騙すも何もウチの収入話した事ないし。だけど保育料最高額払ってたの知ってるよね。
何言ってんの?とは思ったが謙遜で
「大したことないよ。今のマンションのローン+管理修繕費+駐車場代の範囲内だから」(本当)
と話したら「はぁ?管理修繕費なんて最初からわかってた事でしょ。今更」とかいうんで
「今のマンションは旦那が独身時代に単身用に買ったもの。家族が増えたら見直すのは当然でしょ」
といったら「計画性がないよね。バカじゃねw」おめぇがなw

私の事はいくら言われてもかまわんが、義姉旦那をバカ呼ばわりってどうよ。
少なくとも旦那の出身大学はお前の旦那(弟)が2年連続で不合格になった学校だ。
偏差値も出ないような短大卒の女にバカ呼ばわりされる筋合いはない。

つうか毎月出銭だU○Jだと遊び歩いて、貯金もなく
挙句少しばかり給与が減ったら家賃が払えなくなって同居。
その引越しも親丸抱えでしてもらおうって人間に計画性とか言われたくないわな。

45: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/09/08(月) 09:08:56.77 ID:j3QcIJrx.net

私は食中毒対策として園で指導されてからおにぎりはいつもラップで握ってる。
手を洗ってからにぎっても数時間後には雑菌が繁殖してるんだって。
でも以前、おにぎりをラップで握ってることが義姉にバレて
それ以来それをネタにされてずっとバカにされてる。
まあババアだからと抑えてきたけど
ママ友が遊びに来たときおやつにおにぎりラップで握ったらまーたバカにされた。
私はおにぎり手でも握れるけど、お弁当などで時間がたつときや人にだすときは衛生上わざとラップで握ってるだけなんだけど
そんなにおにぎりラップで握るのってバカにされる行為ななのかな?
義姉もママ友もほかに私の料理とかお菓子とか食べたことがあるのに
おにぎりラップで握ったってだけで料理できないバカ母みたいに言ってくる。
もう怖くて人前でおにぎり作れないわ。


339: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/24(木) 16:42:38.60
書き終わったので流れを読まずに投下します。 
つい先日あったプチ修羅場です。 

珍しく旦那が平日休みの日、 
外から物干し竿を売る車の音声が聞こえました。 
テープの音声では一本500円とのこと 
安い!!

ちょうど買い替えを考えて
色々見ていた時期だったので
慌てて飛び出して車を捕まえました。
欲しかった伸縮竿はなかったのですが、
こちらの好みの長さにカットしてもらえるとのこと
まあ、物干し竿の長さを変えることなんて滅多にないし
オーダーメイドで作ってくれるならいいか
と思い、4本注文しました。

ところが、代金の500円×4本=2千円を払おうとしたら
業者の人は「毎度。5万円になります」とのこと。
それはおかしい一本500円だって言ってたと抗議したら
「それは30年前の価格で、今の販売価格じゃない」
とのことでした。

確かにテープから流れる音声では
「…一本500円。30年前の価格です…」
とはいってましたが・・・

私が、そんな高いんじゃいらないと言うと
今までにニコニコしてた業者の人は急に大声を出して
「あ!?舐めてんのかコラ。
もう切り終わってんだろうが?
どうしてくれんだよ、これ?」
と言いはじめました。


816: 名無しさん@HOME 2010/10/28(木) 13:51:19

同居なんだけどさ、横通る度に咳払いするのがムカついてたまらん。
毎日朝から晩まで。
気に食わない事があるなら言えよ。


このページのトップヘ