ほのぼの

1名無しさん@おーぷん 2014/06/05(木)10:40:50 ID:???
※こんな女もいるんだなって事で

2名無しさん@おーぷん 2014/06/05(木)10:46:12 ID:???
それ普通


3
名無しさん@おーぷん 2014/06/05(木)11:03:07 ID:???
元々俺の一目惚れ→猛アタック→結婚で嫁はそこまで乗り気じゃなかったのかもしれん
同棲もお前は何もしなくていい、家事は俺がやるって事でOKしてもらえた
朝起きて嫁の朝ご飯&俺の弁当を作り仕事帰りに買い物、帰ってから洗濯回し軽く部屋掃除、食器洗い、風呂洗い、洗濯干し、夜ご飯を作る
嫁は毎日ゲームか遊びに行くか、好きにしてた
ちなみに俺が家にいてほしいと頼んで専業に
なんて生活をする事1年。嫁が妊娠した
それからは悪阻が辛いのか今まで以上にぐうたら
毎日仕事終わりに食べたい物を聞いて買って帰った
体が辛いだろうからマッサージもした、嫁がイライラしてても抱き締めた

そしてとうとう出産
退院してきてからは子供に生活リズムをつけないと!
と言い朝早く起きるようになった
子供が床(布団)に寝るから!
と言い毎日掃除機かけるようになった
母乳だから栄養を!
と言い健康的な食事を作るようになった、ついでに弁当も作ってくれた
子供の服がすぐ汚れる!
と言い毎日洗濯をするようになった

そして何よりあなたのおかげで子供に出会えた!
と言い俺の事を愛してくれるようになった

子供が産まれてから嫁はよく笑う、感謝と愛を伝えてくれる、料理もどんどん上達してる
俺は今ものすごく幸せだ



117名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/10(月) 21:48:02.68 .net
手紙続きというか四年越しで時間差発動したパルプンテだが、

嫁へ
ずっと一緒にいようって約束したのに、破ってごめん
こんな俺の隣にいてくれて、本当にありがとう
再婚したっていい。俺を忘れたっていい
夫としても、父親としても失格な俺だけど、
嫁と娘が幸せに生きていくことを、心から願っています
愛してる

昔、手術前に書いた手紙(上記内容を便箋一枚に引き伸ばし)が嫁に見付かり、
ボロボロに泣かれた後、叱られたうえ「愛してる」連呼させられたわ


90名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/16(日) 21:59:43.84
男ながら、ポエム(笑)調で書きます。最初、普通に書いてたものの、
アホみたいに長くなったんで極限まで圧縮しました。
それでも結構長文ですけれど・・・

学生の時、付き合ってた彼女に突然、サヨナラと言われ振られた。二股を掛けられていた。
私は本気だった。好きで堪らなかった。彼女も俺を好きだと言っていた
茫然自失、食事も喉を通らず、何もする気にならず、やつれ果てた。
何とか気を取り直した時、私の心は歪んでしまっていた
結婚すると心に決めるその瞬間まで、二股三股されようとも構わない、
振られた者は淘汰された弱者に過ぎないと固く信じた。

社会人になり、魅力的な女性と付き合った
他に男が居ようが関係無い。最終的に勝ち取れば良い。何も恐れなかった。自信に満ちていた
デートを重ね、二人で旅行にも行く仲になった。堅実に付き合っていたつもりだった
しかし、「あなたは人間味が無い。心が冷たい。愛されているとは思えない」
彼女も私の元を去って行った



471名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/07(土) 19:29:41.44 .net
長いですが、相談お願いします。

当方、30代後半
妻、20代後半
1才になったばかりの娘がいます。

妻の趣味の事なんですが、もともと何でも出来て、幅広い趣味を持っていた妻ですが、
現在娘が小さいのもあり、インドアの趣味しか出来ない状況です。
そのインドアの趣味というのが、ピアノ、洋裁、料理、映画鑑賞、読書などになります。

今気になっているのが、映画鑑賞と読書で、映画はゾンビか感染パニック物、読書がミステリーやホラーがメインです。
正直なところ、娘への影響が心配です。

DVDや小説は書斎にあるので、現在娘の目に触れる事はありませんが…。
書斎の本棚を見たときに、
殺戮に至る病
家族狩り
そして粛清の扉を
ゾンビ大全
等のタイトルがズラッと並んでいて、これはないだろと。
続きます。



140名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/09(月) 12:44:11.20
10年以上前に台湾人留学生だった嫁をもらった俺が通ります。
あとでkwskさせて下さい。

142名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/09(月) 13:29:10.45
>>140
kwsk


144
140 2014/06/09(月) 17:52:37.29
エ○要素ほとんどないぞ

大学一年のオリエンテーション
俺:18歳
嫁:20歳

同じ班になった嫁が留学生なのは知っていた。

俺「はじめまして、俺です」
嫁「…はじめまして、東坡肉(仮)といいます。台湾から来ました」
俺「カラオケとか好き?」
嫁「…苦手です」

そう言ったきり、嫁は留学生同士とばかりくっついて
こっちには近寄って来なかった。
たぶん日本語がまだ得意じゃないんだろうと思ってた。



このページのトップヘ