ほのぼの

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/18(日)23:58:32 ID:URH
家賃19000円
築四十年くらい
和室六畳風呂なし和式便器有
電気は契約したがガスは契約してない。

隣っていうか同じアパートの住人は
ほぼ物置として契約してて常に誰もいない。



732: 名無しさん@HOME 2016/12/16(金) 12:12:44.96 0
去年の夏から今日に至るまでの
出来事を聞いて欲しい。
時系列があやふやな部分は
フェイクだと思って欲しい。 
長文ですみません。 

私=40手前、女性 
安定した雇用の元、高収入でなくていいから
一生一人暮らしをしたかったが、
入った会社でモラハラ、パワハラ上司に
嵌められ、会社をクビにされた。 

その会社関係でいい感じになった男性
(Aとする)もいた。 
Aはバツイチで前妻と暮らしてる子供いたけど、
私はAが好きだったし、側にいたかった。 


私自身、親が離婚してるから養育費や、
あるなら慰謝料は一緒に払っていくつもりだったし、
私自身子供は諦める覚悟もしていた。 

でもAは私のことなんてどうでもよかったらしく、
会社辞めてからは1ヶ月に一度
連絡あればいい方だし、
教えてくれた連絡先は会社の携帯だけだ。 

そんな中、私は別の会社に入り、
色々あって一般的な男性が
何を考えてるのか知りたくなった。 

普通なら友人に紹介してもらうのだろうけど、
友人が少ない上、みんな男性との接点が
薄かったので無理だった。 

婚活するしかないと思って婚活はじめたが、
何を考えてるか知るための
手段としての婚活だったし、 
自分の年齢も年齢だから
人生が変わるかもとかの期待は一切なかった。 

そんなだから相手に会うつもりもあまりなく、
とりあえずネット婚活でメールのやり取りした。

色々な男性の考えを知りたかったから、
相手の条件とかも特に絞ることもなかった。 
収入が高くても低くても
興味持てそうな人にはメール送ったし、
メールもらったらメール返した。 

そんな中で私に会いたいと言ってくれる人が現れた。
10才年上の初婚で年収1000万の男性…今の夫だ。



970:おさかなくわえた名無しさん2017/01/30(月) 13:42:47.96ID:On7YJGuV.net
下書きしてから投稿するが長文になってしまった。
2chに書き込むのは初めてだが書いてみる。

身バレするとマズいので5割は俺の創作、
ということにしておく。
創作なので辻褄が合わない所もたくさんあるが
スルーして欲しい。
当時俺は幼稚園生ぐらいの年齢で
今で言う所謂ネグレクトというやつだった。
両親共にパチカスで、俺と妹(当時まだ乳飲み子)は
両親がパチ屋で遊んでる間は
家か車かパチ店かで適当に過ごしていた。

幸い暴力の虐待などはなく、
本当に子どもに興味がない、
という感じだったんだと思う。

両親に遊んでもらった記憶はなく、
おもちゃなども家に全くなかったので、
広告の裏に鉛筆でひたすら絵を書いて遊んでいた。

生きていく最低限のことはやってもらっていて、
お風呂も時々だけど入れたし、
食べ物も両親の気が向いた時や、
近所からの頂き物?のお菓子か何かがあるときは
それごとくれることもあった。

ギャンブルで勝ったときは両親の機嫌も良くて、
本当に時々だけど
ファミレスに連れて行ってもらったこともある。
(これが子どもながらに一番嬉しかったw)

妹はまだ産まれたばかりでミルクももらっていたけど、
両親がいない時は俺がミルクをあげたりもしていた。

初めは泣いていてもどうするべきか分からず
そのままにしていたが、
母親と同じようにすれば泣き止むのかなと考えて、
台所にあるミルクの缶で
見よう見まねでミルクを作ってあげた。

今思うと量って入れたわけではなかったので
分量とかめちゃくちゃで
飲ませて良かったのかわからないけど、
当時は妹もゴクゴク飲んでたので安心した記憶がある。

あとオムツも替えてあげたが
ウンチの時はどうしたらいいか分からず放置していた。
(帰ってきてから母親が替えていた)

そんなある日、
俺と妹は両親に連れられてパチに行き、
2人が遊んでる間俺は買ったオニギリを持たされ
入り口のベンチ?みたいなところで食べながら待っていた。
(妹は母親におんぶ紐で背負われていた)


122: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/17(水) 19:11:23.04
二泊三日の出張の帰り、空港から「今から帰る」とメールを送ったら、 
 短く「夕飯いる?」とだけ返信 

さらに、頼まれてたお土産を現地から送ったと言うメールを送ったら、ありがとうでもなく 
 「了解。水、氷、ビール、スーパーの肉じゃがよろしくー」と言う返信 

バッグは重いし出張で疲れているし、羽田空港から家まで京急とラッシュ時のJRを乗り継いで帰らなければならず、 
 しかも雨まで降っているのに、家から徒歩一分の所にあるスーパーに自分で買い物にいかず 
 俺に途中で買って来いと言う嫁 


家に帰るのが本当に嫌になる



このページのトップヘ