ほのぼの

683: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/13(火) 21:43:47
俺は嫁にヤキモチを焼かせてみたい。 
職場結婚なので、嫁の友達(女)と知り合いだったり、
仕事上の関わりも多かったりするのだが、
結婚前から一貫してそういう素振りを見せたことがない。 

なるだけ「徹底して信用されている」
と思うようにしているが、あまりにもアッサリしていて、
「俺のどこがスキで一緒になったのだろう」
と思うことがある。
直接聞いたこともあるが、テレなのか何なのか、
いつもはぐらかされてばかり。 

子供ができてからは、(よく言われることだが)
完全に「母親化」してしまって、 
もはや好きあって一緒になった男女
という感じはまったくない。 

嫉妬や束縛で苦労している人間も多いと思うが、
その逆も虚しいもんだ。



150: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/05(火) 16:37:01.56 ID:WaAb4OyH
長くてごめんなさい 
1/2 

今年のバレンタインに手作りチョコと
ネクタイピン(よくなくすので)を夫にあげた。 
夫(理系くん)はそれを喜んでくれた。 
で、ホワイトデーがやってきた。
夫が仕事から帰ってきて開口一番。 
「いいお話と悪いお話があります」 

そっと差し出された箱にはずっと欲しかった
ムーミンのマグカップの箱が!!(2000円くらい) 
プレゼントしてくれる気持ちも嬉しかったし
プレゼント自体にも嬉しかったので私、大喜び。


「まず、いいお話です。ホワイトデーの贈り物です。」 
ありがとう!!嬉しい!!!を連発しながら
大喜びの私。しかし開けようとした時だった。 

ガチャリと嫌な音w 

えっと思いつつ開けた瞬間、びっくりした。
マグカップ割れてるw 
フローレンなんかちょうど首のところから割れて、
首なしになってるw 
こwわwいwwww 

唖然と夫を見上げると
「悪いお話は買った後落っことしました」 

正直時間が止まる二人。そして夫の一言。 
「今度の休みに接着しなおすから
これプレゼントということで。」



324: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/20(火) 15:25:20.02
相談させてくれ。 
嫁が向上心ないっていうか..... 

俺が昇進したのをきっかけに、専業主婦になった嫁。 
そしたら飯マズだったのが、レストラン開けそうなくらい料理の腕があがり、 
DIYにはまって店頭にあるような飾りやぬいぐるみ、
簡単な洋服を作れるほどに至り、 

もともと趣味だった絵は、
絵本でも出せるんじゃねーかってぐらい上手くなった。 
俺の書斎はいまや嫁のアトリエと化している。 

それで稼げるんじゃねーか?と思うんだが、
チャンスがあったらいいね、と言うばかりで実行に移す気配はない。 

俺としては、収入があると家計が助かるし、
本人も好きなことを仕事にできて万々歳なんだけど、嫁の本心が読めない。 

どうすれば嫁が動いてくれるか、アドバイスください。



229: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/11(木) 04:30:19
先制パンチで勇者になり損ねたorz
日々このスレをのぞき、自分も勇者になる妄想でニヤニヤしつつ
タイミングが合わず悶々と日々を過ごしておりました。

で、今日は普段より2時間早く帰宅となり、誰もいないはずの居間から人の気配が!?
聞こえてくるのは仕事のはずの嫁の声。忍び足で覗いてみますと・・・

嫁「○○(俺)好きぃぃ~愛してるぅぅ~」

と、等身大ス○ーピーに抱きついてゴロゴロ転がってはる!!
普段どっちかと言うとクールキャラな嫁のご乱行はパルプンテではなく
メダパニダンスの趣があり、俺も混乱しつつ釣られて、

俺「お、俺も愛してるから~!」

ビクッと跳ね起きると俺と目が合い、

嫁「ッ!ンナ~~~~~!!」

奇声を発しつつ3軒隣の俺実家に走って逃げて行きました。
父は他界しているため、実家は母と妹2人の女の城。
俺は締め出しを喰らってしまいました・・・orz

妹1「お兄いは帰ってくんな」←ヒドイ
妹2「今日はとりあえず会議するから、店屋物でも食ってろ」
母 「ドキッ!女だらけのパジャマパーティー!ねぇ、ポロリもあるの?」←バカス

俺一人でもそもそとピザ食ってました。
明日になったらどうなるんだろ・・・orz 

629: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/15(火) 23:39:40.38
いつも嫁が風呂はいってる時に俺が途中から入ったりとか普通だったのに 
なぜかさっき「今日からお風呂は別々にします!入った来たらダメだからね!」って言われた 
浮気か!?

630: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/15(火) 23:41:05.41
浮気相手に操立ててるわw

 


このページのトップヘ