すかっとする話


406: 名無しさん@HOME 2009/08/12(水) 23:01:16 
お盆だから今朝から義実家に来た。数泊する予定。 
今日は到着早々から色々やらされた。私妊婦なんだけどね。 
(ウトと夫は親戚に挨拶周り、帰省中の学生コウトコトメはゲーム、 
トメは炊事、私は洗濯物干したり物置小屋掃除に庭の草むしりさせられたり)

言い付けられる度に「私ひとりでですか?」って不満言ったら、 
「コウトくんコトメちゃんは疲れているから、実家でくらい楽させてあげて」 
ってトメに言われた。 
なんか納得出来ませんでした。でもやっちゃったバカ。



122: 名無しさん@HOME 2016/11/13(日) 15:25:17.20 0
義父(義兄家族と同居)が肺炎で入院した
それに怒った義姉×2が義兄夫婦、特に義兄嫁を吊し上げようとして
返り討ちにあった

同席した私たち夫婦と義姉夫×2は
二度と義兄嫁には逆らわないと心に誓った…
 


332: 名無しさん@HOME 2008/10/08(水) 21:56:44
義実家から家事能力ゼロの義姉がきた。 
炊事洗濯掃除から家計簿の書き方まで仕込んで義実家に返した。 
別居するまで私の家事に難癖付けまくったトメは今、
義姉に「母さん何もできないじゃない!」と文句言われまくりらしい。 

トメ的に嫁イビリ要員として送り込んだ義姉を食事と手作りおやつで味方につけ、
私がトメにされて嫌だった事を義姉がトメにしているのを放置している辺りがDQ。



48: 名無しさん@HOME 2011/12/11(日) 23:22:25.11 0
ネチネチネチネチネチ嫌味を言ってくる義両親。 
旦那がきつく言っても効果無し。 
何かと恩着せがましい事を言ってくるが、ウトの退職金は既にニート義兄の為に大半使い 
年金支給までカツガツの生活で、何かと集ってくる。 
「嫁子さ〜ん。ボーナス入ったんでしょ〜?」とか「ああ、温泉で年越しとか憧れるわね〜」とか 
言われ、旦那が涙目で「恥ずかしいから俺の嫁にまで集るな!」と激怒した。 
そんな感じなのに、嫁は義両親のご機嫌を取って当たり前!嫁なら義両親の顔色を窺え!ってスタンス。 
子供の為に貯金しているので、うちのお金を当てにされても困る。 

年末年始に義実家に行きたくないので、前倒しでこの土日で行ってきた。 
また上から目線で「貴方がもっと可愛気があれば、もっと孫の面倒も見てあげるんだけどね〜」と言われpgrしてしまった。 
「いやいやいやw。ウトメさん達に世話になる気なんてこれっぽっちも無いんでww 
ていうか、これから生活保護でも貰わないと生活出来ない上に、年老いて病気だ介護だと世話ばかりかかるウトメさん達とつき合うメリットとか無いしw 
どっちがどっちの世話になるかそろそろ理解しないと、見捨てますよ? 
自分たちのした事思い出したら?それだけの事してきたでしょ? 
私あなた達を見捨てても少しも心痛みませんしねww。(夫)君はどう?」 
夫は深くため息をついて「俺も見捨てたい。40過ぎたニート兄貴の為に退職金つぎ込んで地下室作るとか、信じられない。 
それで生活がきついから援助しろとか、馬鹿なの?しかも散々いびってきた嫁にまで集って、恥ずかしくないのか?」 

義両親は顔色代えていたが、事実上の宣戦布告だ。 
夫は実の親だから、流石に気が重いみたいだけど、義両親に援助するって事は義兄を養うって事。 
いくら共働きだからって、子供を3人大学まで行かせるつもりなのに、両親&兄まで養えないって決心。 
春から引っ越すんだけど、義実家には内緒。このまま永遠にさよなら。 
今日義実家に行ったのも、子供達が引っ越すことを口を滑らせないように二人だけで行ったのと 
正月行かなくて、凸されて引っ越しの荷物に気付かれたく無かったから、こっちから行った。



815: 名無しさん@HOME 2011/09/14(水) 08:49:08.74 0
義実家というか、トメウトメ既に亡く今は我が家。 
しかし訳あって蓄電した義兄の子供(男女)を私の許可なく引き取り養子にするはめに。 
当時子がなく、新婚直後なのに私にとっては赤の他人を押し付けられ育てることになった。 
その後生まれた本当の長男(形式上は次男&末っ子)に意地悪母と思われたくない一心で 
愛情もない他人の長男長女を実子同様の愛情をかけた振りして育ててきた。 
本当の子供なら単に悩みの種であろう反抗期も憎しみが増すだけの苦しさ。 

このほど嫁いだ長女が実家に置いて行った、人形コレクション・洋服その他を 
全てゴミに出した。 
次男(実子)は職についているが、長男はヒキニート。 
まだまだ苦行は続くのでもやもやしているものの、すっきりした部屋と押入れを見て 
プチスカでした。



このページのトップヘ