すかっとする話



761: 名無しさん@HOME 2010/12/03(金) 22:37:01 0
トメはヨメに対してはまさに何にでも文句を言う人。 
孫の成績が良ければ「勉強ばっかりさせて!いつもガミガミ無理強いしてるんでしょう!」 
悪ければ「教育は母親の責任よ!恥ずかしいと思わないの!」とどっちにしろヒステリー。 

私はそういう人がすごく苦手で、けっこう今までも衝突があり、現在ではかなり疎遠。 
それに比べて義弟ヨメさんはいつも笑顔でおっとりしててある意味トメのお気に入り。 
(可愛がったりしてるわけでは決してなく、イビリターゲットとして) 
しょっちゅう義弟夫婦を呼びつけたり押しかけたりしてるらしい。 

義実家にちょっとした集まりがあって夫だけ派遣したんだけど、最近のトメはもう 
人前でも堂々と義弟ヨメさんにくどくどと文句を言うようになってしまったらしい。 
見かねた親戚が「いくらなんでも品がない!」と一喝してやっと黙ったんだとか。 
まだぐちぐち言ってるトメにあきれた夫が義弟ヨメさんに謝りつつ義弟を怒りつつ、 
「母は強いものには弱いんです。大人しくしてるとつけあがるだけだから、 
もっと怒ったりしてください」と言うも彼女は「本当に平気なんですよ~」と笑うのみ。 
親戚のおじさんが「いやはや菩薩のようだね、なんだってそんなに我慢できるんだい」 
と茶化したら、義弟ヨメさんは相変わらずニコニコしながら 

「だって、どうでもいいですから」 

と笑ったらしい。 
場は静まり返り、明らかに微妙な空気が流れてるのに、やっぱりニコニコ笑ってたそう。 
「リングの上で義弟ヨメさんのはりぼて相手にトメが必タヒに闘ってて、はるか上のVIP席で 
ニコニコそれを見てる義弟ヨメさんの図」が頭に浮かんだ、と夫が言っていた。 
いびってると思ってたのに実は見下されてた、と悟ったトメはマジで顔が赤くなってたそう。 
その夜、血圧の上がりすぎで具合を悪くしたらしい。 

同じリングに上がって真正面から闘ってしまっていた自分は小者だったんだな・・。





30: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/21(金) 06:12:52 ID:txZRd0ci
友人に「運転が下手だから…」と言って、車を出さないのがいた。 
本音はケチってるだけ。 
人に乗せてもらっても、諸経費を払ったことがない。 

他県で遊ぶことになった時(私は不参加)、皆やはり普段から引っ掛かっていて 
友人に車+運転を申し付けた。 

しかし、本人はどうしても許せなかったらしく 
(「私がアシだなんて!」=姫属性と言いたいらしいw 
普段、諸経費を払わんのもそれが理由と後に判明) 
遊んだ後「体調が悪くなった。こんなんじゃ、他人様を乗せるの怖い」と 
一緒に乗せて行った子達を他県に置き去りにしようとした。 
私が他人のアシをやらされている、というのがどうしても耐えられんかった模様。 

皆、『これでCOだな…』と思い 
「じゃあ、これでお開きにしよっか~♪」と乗り込んで、意地でも各宅へ送らせたそうだw 

帰り道、姫は体調じゃなく機嫌が悪かったんだが、皆、知らん顔してたらしい。 

普段あれだけ誰かしらに無料送迎してもらっておいて、たった一回がそこまで屈辱なのか、と。 
理解できん。


723: 名無しさん@HOME 2012/04/21(土) 17:46:00.92 0

春から旦那が異動で勤務地が変わった。
以前は街中のオフィス勤務で、社員食堂もあり、周囲に飲食店が多かったので苦労は無かったが、今度の事務所では社食も無く、気の効いた飲食店もない。
会社が契約している弁当屋は今ひとつらしい。
それで、周りの人はお弁当派が多いらしく、私に弁当を作ってくれる様お願いしてきた。
ここまでが前提。
私は子供がようやく小学校に上がり、弁当作りから開放されたのに、なぜまた早起きして弁当作りをするのか、大人なんだから自己解決して当然と思いDQ返し決行。
毎日幼稚園児に作るキャラ弁を持たせた。
これは独り立ちできないムチュコタンですよという意味を込めさせてもらった。
会社でヒソヒソ噂されてるらしくいい気味だ。
ママ友とホテルでランチしながらカキコ。
主婦の忙しさなめんな!




700: 名無しさん@HOME 2010/01/21(木) 11:50:41

姉さんの続報待ってる間に、お茶請けがわりにプチなのをお一つ。 

良ウトが亡くなった途端、テンプレ通りの嫁いびりを一通りしてきた同県内中距離別居だったトメ・コトメ。
お正月を温泉で過ごすとかで、携帯の留守電に「家の洗濯(掃除?)もやっとけ」と入っていたので、 
言われた通りにちゃんと家を洗濯してきました。

義実家へ行く途中に攻撃的な洗剤を数箱買い、「お洗濯〜お洗っ濯〜♪」と歌いながら義実家中にぶちまけて、
一通り全部屋にホースで放水。もちろん唄うは某「お買い物〜」の曲で「お洗濯〜お洗っ濯〜♪」。
一旦屋外に出て止水栓とめてから、家中の水道蛇口類のナットを極限まで緩めて脱出。
止水栓を開放したら家の中から色んな騒音がしてたけど、何の音か分からなかったからそのまま帰ってきました。
周辺住宅とは隣接してない一軒家で良かった、お隣とかに迷惑かける事なく義実家の洗濯できました。
仏心を出して、水道代と周囲への環境とかの影響を考えて帰宅する日の朝一番に実行したし、
排水とか脱水とかはうっかりし忘れちゃった。

大丈夫、ウトの位牌や遺品等は保護してあるし海超えた他県への逃亡は済んでいる。
心苦しいのは、ウトが生涯掛けて建てた義実家を洗濯しちゃったことかな。(今の名義はトメ)
夫は昨年末に会社が潰れて失職、直後の抜け殻状態で色々とつついたらヲーターしてくれたし、
今回の件も「トメさん達が家を洗濯しとけって言ってるねぇ。なんでしてくるわ」と了承済み。
私の実家が持ってるアパートの空室に一時的に入るってことで、実は昨年末に引越済みなんだよね。
洗濯された義実家にトメが気づいて元我が家(賃貸)に凸しても、元部屋は退去済みだし無問題。
部屋や諸々の契約類は年末いっぱいで解約したし、携帯も義実家洗濯の帰り道に解約完了。
夫も昔取ってた資格で叔父の会社に雇って貰えたし、もうちょい教育続けてエネ夫に戻らないようにしなきゃ。www

トメ達は、早々に私達の住民票を置いている私の実家に凸したらしいけど、両親が撃退してくれたとの事。
今回、義実家が家の復旧を諦めて引越したらしいと両親から聞いたので、記念に投下してみました。






125: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 23:51:02.82 ID:Xm7nzKXA
自分じゃなくて友人が目撃した修羅場な現場 

大阪のミナミにある宗右衛門町っていう、ホストクラブやキャバクラ、無料案内所だのが集まった所謂「夜の街」での出来事。並んで歩いてた3人組の若いホストのうちの1人が杖をついたお爺ちゃんにぶつかった。 

「ジジイどこ見て歩いとんじゃゴラ!」 

と、ぶつかったホストがお爺ちゃんに掴みかかった。
大阪の人なら分かると思いますが、そこは車同士が対向出来ないぐらいの道端&両端に通行人が行き交う狭い路地。 
ただでさえ狭い道幅を占めて歩いてたホスト側に非があるのに、お爺ちゃんは「すいません、すいません」と丁寧に謝っていた。 
そんな物腰の低いお爺ちゃんの態度にホスト達が調子に乗り、 
「うわ今ので怪我したわ~w病院行かなアカンな~ww」 
「おいどないしてくれんねんジジイ!」 

と、恐喝じみたことをしてきた。 
それでもお爺ちゃんは「すみません、すみません」と謝るばかり。そこでとうとうぶつかったホストが 

「てめーふざけんなよゴラ!」 

と、お爺ちゃんの杖を蹴り飛ばした。 
ここら辺で周りに集まってきた野次馬がざわつくも、関わりたくなさげに遠目から見ていただけだった。 

お爺ちゃんは困った顔をしつつ、「そうですか・・・。すみません、そうしましたら家内の者を呼ばせて頂きますから・・・」と、電話を取り出してどこかに連絡した。 

長文になるので1度切ります。



このページのトップヘ