すかっとする話

11: 名無しさん@HOME 2009/03/15(日) 09:46:31 0
今結婚1年なんだけど、思い出すとニンマリとしてしまうスカ。
結婚式についてうちの両親は私たちの好きなように、と言ってくれたが、
トメだけが強硬に自分の思い通りの式にしようと頑張った。
神前式でドレス、披露宴は某有名式場で!みたいに。
もうこっちはウンザリ…だったが、トメが
披露宴の席は一番前がいい!型にはまった式なんて!と言いだし、
さすがに夫家族たちは顔真っ赤にして怒りまくった。
でも夫の会社関係も来る訳だし、それはちょっとなぁ…でも姑だし…と口出しできずにいた。
自分の要求をことごとく潰され、さらに罵倒されたトメは怒ってしまい、
「何よみんなして!もういい!私でないわ!それでいいでしょう!」と切れた。
うわー!!大変だー!と思ったら、ウトが大笑いして
「息子、良かったな!母さん出ないんだとよ!これでまともな式が出来るだろう!」
コウト「こんな婆さんにだってこれだけの思い入れがあるんだから、結婚式って大事なんだな!
お姉さん、自分のやりたいように自分の夢叶えて下さいね!」
ウト、コウト呵呵大笑して「いやー丸くおさまって良かった良かった!!」
夫も「ホントホント、非常識な真似だけはしたくないからな!」
その後トメは怒って部屋に戻って行ってしまったが、
しばらくチクチクと「どうせ母さんは出ない式だからなー!」とかいびってたw
まあ無事、無難な式をあげて、トメも出席した。
もう一年たつのにいまだにその時の事をネチネチ言ってくる事があるが、
「だから出なくていいって言ったのに…」と言うと黙るw



119: 名無しさん@HOME 2010/08/22(日) 08:34:06 0
お盆に義実家に行った時の事。
昼食のそうめんに薬味のみょうがを入れないで食べている息子(小5)にウトが
「そんなものも食べられないのか!好き嫌いはいかん!ほれ、食べてみろ」
と言った。息子は
「じいちゃんがほうれん草とトマトとニンジンとピーマンとナスを食べられるように
なったら考えてもいいよ!」
と満面の笑みで親指立ててた。ウト
「・・・そんなもん食べなくたって死にゃせん」
とブツブツ言ってたけど息子が
「うん!みょうがもね!」
と言うと黙ってそうめん啜ってた。


148: 名無しさん 2014/03/26(水)23:19:00 ID:WAEvJpEBI
書き込めるかな?弟が私をDV彼氏から救ってくれた話

スペック
私 24歳、社会人二年目
弟 21歳、大学生、美男子
DV男 25歳、私の元彼氏

就職が決まると同時に家を出て一人暮らしを始めた私。しばらくして就職先で彼氏が出来たので同棲することに。
彼氏は優しくて気配りが良くでき、正直私にはもったいないくらいの優良物件だと思っていた。だけど時間が経つにつれて彼の本性があらわになり、家事や炊事とにかく自分に面倒なことは私に押し付ける。
私が指摘すると暴言、暴力の嵐。それがわかってから私は彼氏が怖くて仕方なかった。


64: 名無しさん 2014/03/21(金)21:14:03 ID:DwujyTG6x
俺は学年の中ではデブヲタの扱いだった。
その辺は自他共に認める所でもあったが、嫌がらせをされているとかはなく、
体型をちょいちょいイジられる程度だったので何の不満も無く
なんならオイシイ扱いだなって思う位だった。
ところがクラスメイトのKが、ある日を境に名字が変わったんだ。
多分両親の離婚だったんだろうけど、そこからKの学校生活の態度が豹変。
一気にDQN化して暴れ始めて、そのうち矛先が俺に集中しはじめた。
最初のうちは、周りの同級生も止めてくれてたんだけど、そうすると
その矛先が止めた奴に向くのな。
そのうちそんな面倒な事を周りも避け始めて誰も止めてくれようとしなくなった。
その辺は俺も恨まなかったよ。
多分俺だってそうしてただろうなって思った位だもん。
そのうち俺も学校に行くのが憂欝になってきて休みがちになってた。


531: 名無しさん@HOME 2010/04/18(日) 23:04:38 0
誰もいないかな?
投下!

出会ったのは東京だけど、実家が同郷の人と結婚したので正月やお盆は家族一緒に帰省する我が家。
田舎なので、近所中が知り合いみたいな感じ。
親戚もお互い気心が知れているので和気藹々としてるけど、やっぱり遠慮がないところがあるのが嫌だった。

ある年、まだ離乳してない我が子を連れて帰省した際に、授乳ショーを強要されそうになった。
しかも親戚15名が集まって会食している料理屋さんで。
座敷がたくさんある田舎の料理屋さんで、
授乳のために空いている部屋を貸してくれるというから席を立ったのに、
酔ったウトや年配の親戚連中から無理やり押さえつけられそうになった。
夫も当然怒ってウト達を〆てくれたが、周りが白けた感じに。
場の雰囲気が悪くなろうが、いくら義理の両親や親戚であってもやっぱり他人、
授乳を見せるのは嫌だと抵抗していたら、たまたま向かいの座敷にいた女性が、聞こえるように言った。

女性「ほらね、ああやって公の場で授乳するように強制するのってみっともないでしょ?
嫌がってるのに!あなたのおじいちゃんもあなた達が生まれたときに私にアレをさせようとしたのよ」
女性の子ども(高校生ぐらい・女の子)「えっほんとに?!やだーおじいちゃんサイテー!!!」
女性の子ども(中学生ぐらい・男の子)「うわっ最悪!ただのエロジジイじゃんか」

それを聞いてウト達我に返ったのか、授乳ショー中断。
私は子どもをつれて夫と席を立ち、別室へ行って授乳、その後は先に帰らせてもらった。
女性の一声、ありがたかったなぁ。



このページのトップヘ