すかっとする話

736名無しさん@HOME 2013/12/13 20:27:46
義父の寝タバコで義実家焼失、
それでなぜか近所に住む長男(義兄)家ではなく結構離れた長女(嫁)の嫁ぎ先(俺家)に転がり込んできた義父母+義妹
俺が独身時代建てたからそんなに広くない(想定はせいぜい嫁と子供二人)し、
二世帯にする予定もなかった(俺実家も持ち家あり)から一家族増えると狭い狭い
しかも遠慮するなら可愛げもあるがなぜか家長面で言いたい放題、ここは俺の家土地だっつーの

大概腹が立ったので、義実家全員が出かけてる間に裏庭に基礎無しで
プレハブ小屋設置して義実家の荷物全部放り込んだ
と言うかさも当然のように俺の車で出かけるな、あと使うなら燃料入れて返せ
家の鍵も速攻で変え、全て施錠して夫婦で小旅行へ

どこがDQNかといえば、プレハブの玄関に「土地は貸してあげるから土地代○円払ってね、電気は通ってますがガス水道ネット・TV回線(田舎なのでケーブルオンリー)はありません」と貼って数日放置した事
義兄家と俺実家にクレーム入れてたけど、義兄家は義姉さんに逆らえず救済拒否
俺実家も「息子も寝タバコで家を焼くような人は親といえど信用できんのでしょうなあ」ですっとぼけてもらった

数日遊んで帰ってくる頃には、義妹呆れて彼氏君のところに逃亡(でも義両親を止めなかったので俺等夫婦的には同罪)
義母と義父はどちらが悪いかで大喧嘩して離婚問題勃発中だった
「騒ぎを起こしたら出て行ってもらいますから」で黙らせて、新しい家を探して出て行くまで本当に交際を断たせてもらった

そんなトラブル起こした義実家から、今度結婚する義妹のためにその小屋を整備して住まわせてやってくれないかと打診されたので
ねーわ、反省してなかったのかよwと嫁と嘲笑いつつカキコ




279: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/25 05:38:13 ID:TXo6FI+d
卒業式が近くなると思い出す思い出かいてく。
 
小3の頃引っ越した。
新興住宅地で学校もできたばかり、周りは医者の息子やら社長の娘やらいわゆる金持ちが多かった。
そのせいか小学校では「塾に行くのが当たり前、中学は私立が当たり前」で、
家が貧しく塾にもいかない、私立なんてもってのほかの私は常にクラスメイトの女子グループから見下されていたし、イジメられた。
両親共働きでママ友の会に出ない母は陰口を叩かれ、
私はよく「あなたはお母さんに育児放棄されたのね」とか「捨て子のようね」と直に囁かれた。


そして中学生になり、私は当たり前に県立に通いだした。
中学受験失敗した同級生と共に。中学校でも私が見下されることに変わりはなかった。
塾にも行ってないし勉強を他人と競った事がないから、私はずっと自分が馬鹿なんだと思ってた。
でも高校が近くに2箇所しかなく、片方は偏差値40のA校、もう片方は偏差値75のB校で、A校の生徒は地元でも悪名高かったので私はずっとB校の方にいきたかった。
勿論それを言ったら皆から馬鹿にされた。塾も行かないでそんな学校行けるわけ無いでしょと。

担任も同意見で、お金がないからと滑り止めの私立さえ受けない私に、3年間A校に行くよう説得してきた。そして私を見下してきた子たちをB校に進めた。
推薦を欲しいといったけれど、落ちるとわかっている子にはあげられないと言われ泣き明かした。通知表も不当に低くされた。それでも母は私を信じてくれて、「貴方なら受かる」ととても危ない橋を渡らせてくれた。
この判断が最悪の親不孝に繋がるんだけど、結果的に私はB校に受かった。
小学校から塾に行って私を見下していた子たちは誰もいなかった。


7241 2013/12/13(金) 16:34:56.04 0
何かと「育てて貰った恩も忘れて」を連発するウトメ。(※ウトメ=舅&姑)
旦那を大学まで出してやったんだから、嫁共々尽くせという事らしい
地方都市なのでそう遠くない場所に住んでいるんだけど
まあ車出せだの水回り掃除しろだの留守番しろだの、奴隷扱い。


二人とも60代でウトは現役、トメは専業。
無理の無い範囲でなら手伝うけど、子供もいるし断る事もある。
すると「育ててやったのに」「親は結局損」「エゴイスト夫婦」。
旦那は公立→国立だしお稽古も予備校も行ってない、
お小遣いも中学(2000円)までで後は全部バイトの慎ましい人生。
少なくとも「お前にいくらかかったと思ってるんだ」
と言われる程に金食い虫だった訳じゃない。

この間、飯を作れと言われたので渋々行ってやった。
丁度お歳暮で大量に冷凍ハンバーグを貰ったので消費しに。
ウトメはムシャムシャ食いながら
「それにしても、お歳暮で済まそうなんてホントあんた達は
親には一円も使いたくないって感じね。
自分たちが育てて貰った事はすっかり忘れて、
親が困っている時も仕方なくって感じで。
ほーんと、親ってちっとも報われない。損するばっかり。
育てた分はちょっとも帰ってこないのねえ」と言われた。

そこから旦那とウトメが言い合いになった。ウトメは
「親には恩を返すべきだ。文句があるなら金を返せ、
今までかかった分奇麗に返せ」と上から目線で言い放った
なので「ウトメさんは親御さんに返したんですか?」
と聞いた。育てて貰うのにかかった分のお金を返したのかと。


714本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 19:43:32.46 ID:I4EEgPoZ0
絶縁したはずの姉から突然電話が来た。
曰く、「子供生まれたからお祝いチョーダイ。絶縁?あんな大昔のことをいつまで根に持ってるのよ~。
カ○ワの上に心も狭いなんて、そんなんじゃいつまで経っても嫁の貰い手がないわよ~☆」
(私は子供の頃交通事故に遭って以来、片足が少し不自由)

ああ、なるほど。かつて私にしたことを、今でも全く悪いと思ってないんですね。よくわかりました。
これなら最初から遠慮する必要もなかったなーと、電話はガチャ切り。


すぐさまとある事情で知り合った姉の姑にあたる方(Aさんとします)に、大事な話があるから今度会えませんか、と連絡。
「ちょうど暇だから、大事な話っていうなら今でもいいわよ~」
と返事をいただいたので、お言葉に甘えてすぐに会いに行き、録音しておいた姉との電話の内容を聞かせてみた。
その上で、子供の頃にさんざんやられたことも事細かに説明。

一例として、
・「カタ○」「欠陥品」「失敗作」「社会のゴミ」呼ばわりは日常茶飯事。
・「なんでそんなみっともない体で生きてんの?早くしねばいいのにw」
・「お父さんもお母さんも、本当はあんたなんかいらないんだよw世間の目があるから優しいフリしてるだけw」
・「昔はカ○ワって生まれればすぐころされてたんだって~w今もそうだったらよかったのにねw」
・親が見ていないところで殴る蹴るコンパスで刺す私の物を壊す。
等々、あげていけばキリがないほど。

すべてを聞いて絶句してるAさんに
「何事もなければこちらも、昔のことですし今は変わっているかもしれないと思って何も言わないつもりではありましたが、
子供さんができた今も実の妹を平気でカ○ワ呼ばわりできるような人では、子供さんに何かあったらと思うと心配になり、報告させていただきました。」
というようなことを告げて、録音した内容をコピーしたメモリーカードを渡しておいた。

その後姉家は相当な修羅場と化し、現在は無事に離婚。
親権も旦那さんが取ることに成功した、辛いことだっただろうに話してくれて本当にありがとう、とAさんから連絡が来た。



868名無しさん@HOME 2008/02/13(水) 00:00:35 0
今日の夕方、セクハラウトの顔をトイレ用のブラシで磨いてきちゃった。
さっきまでウトが怒鳴り込んできてた。

夫が玄関口で応対してくれてたから、良トメに電話で相談してたんだけど
トメもウトに対して愛想が尽きたから、折を見て実家に帰るってさ。
まあ、腰痛で寝込んでるのに電話の向こうで夫(ウト)が「ケツをちょっと触ったくらいでなんだ」とか怒鳴ってたら
普通は冷めるよね。前科もあったみたいだし


ウトは結局夫に殴られて退散したよ。
「嫁子は娘みたいなもんだし、ちょっとしたスキンシップなのに大袈裟」って言われたから
「コトメ(ウトの過干渉が原因で遠方に就職)にも、同じことできるのか?」って夫が聞いたら
「するわけないだろう。あの子はいい子だからな!」と何故か自信満々に断言しやがったんだ。
温厚な夫もこれにはさすがに切れたらしくて、ふざけるなっていってウトのことを殴ってた。
夫によると人を殴った事がないから、どのくらい手加減していいのかわからず手加減しすぎたらしい。
ウトは息子に殴られたのが余程ショックだったのか、すごすごと帰っていったよ。

ウトは、前々から鬱陶しかったんだよね。
義実家に行った時に、ニヤニヤしながら胸とかお尻を見てるし、偶然を装って軽く触ってきたり
挙句に裸の付き合いがしたいなーとか気持ち悪い事を平然と口にする始末。
気持ち悪いから、夫公認でなるべく義実家(車で10分弱)には近寄らないようにしてたんだけど
良トメが腰痛で寝込んでるから、義実家に夕食届けに行ったんですよ。
そしたら義実家が結構散らかってたし、ウトの帰宅時間まで余裕あったから、掃除もしてあげてたんだけど
トイレを掃除してたときにウトが帰ってきやがった。
ンコがこびりついてたからブラシでどうにかしようと必死でウトの帰宅に気付かなかったんだよ。
そしたら、ウトが猫なで声で「嫁子ちゃ~ん」とか言って尻を触ってきた。
奥さん寝込んでるのにこいつは~と思って、思い切り突き飛ばした後、ンコ付きブラシでウトの顔を磨いて
今に至るって感じです。




このページのトップヘ