すかっとする話

212: 名無しさん@HOME 2007/12/18(火) 19:20:41 0
先日私の妊娠が発覚。
トメとは嫁イビリが原因で半絶縁状態でいることもあり、報告はスルー。
実親に報告し、事情を説明しトメへの口止めも頼んでおきました。
しかしどうやら、産婦人科の待合室で会った顔見知りのAさん親子が、
ご丁寧にもトメに「もうおばあちゃんなんですね~」とバラしてしまい。
「ちょっとォォォォ!聞いてないわよォォォォ!」と、
とにかく今朝から電凸されまくりで弱っていました。

半絶縁の際、「嫁子には直接連絡を取らない。緊急時の連絡は息子携帯に」
という取り決めがあったにも関わらず、私が電話に出るまでしつこい。
留守電に切り替えても、電波なメッセージばかり残していて・・・。
トメには少々学歴厨なところがあるため、ついさっきも留守電に
高卒の嫁子が子供を産んだところで、まともなしつけはできないわよ!
私がしっかり育ててあげるから、息子ちゃんを説得してちょうだい!!
あなたも人の親になるのなら、子供の未来を優先しなきゃいけないの。
それくらいは高卒でもわかるでしょ?・・・とか入っていました。
また電話が鳴ったので、今度は電話に出ることに。



824: 本当にあった怖い名無し 2013/06/21(金) 07:45:30.04 ID:R7znXJzw0
中学校時代散々苛められ不登校になり掛けた。
クラスに一人はいる気の強い意地悪タイプの女で、悔しいと思いつつも何もできずに中学校を卒業。
相手も反撃できないタイプの私を選んだんだろうなと今なら思う。
イジメの内容は後体育の着替えの時にスカート取られて捨てられて、ジャージで授業受けさせられたとかそんな感じ。
女子としては結構屈辱的な嫌がらせもされ、当時はかなり恨んでいた。

でもその後高校では進学校に進んだこともあって(向こうは頭はよくなかった)
友達も出来て比較的平和に過ごし、大学も地元の国立を卒業し、東京で就職してOLをやっていた。
そしてある年帰省した夏に母からとんでもない話を聞いた。
何とその元イジメっ子婦人系のガンで余命間もないんだって。
もう医者にも見放されて(と言うか治療手段が無い)家で死を待つばかり。

それを聞いてせっかくなので、その女んちに様子を見に行った。
立って歩いてもいるけど、確かに死相が出ている。
そいつがふらりと近場の公園に立ち寄り、ぼーっと木を眺めているところに突撃してみた。
「久し振り♪」と言ってもしばらくは私が誰か分からなかったみたい。
まあ、何年も過ぎているし、私も外見が若干派手目になりメイクもしていたし、それより前に
向こうは忘れていたんだろうと思う。でも、名乗るとすぐ思い出したみたい。


11: 名無しさん@HOME 2009/03/15(日) 09:46:31 0
今結婚1年なんだけど、思い出すとニンマリとしてしまうスカ。
結婚式についてうちの両親は私たちの好きなように、と言ってくれたが、
トメだけが強硬に自分の思い通りの式にしようと頑張った。
神前式でドレス、披露宴は某有名式場で!みたいに。
もうこっちはウンザリ…だったが、トメが
披露宴の席は一番前がいい!型にはまった式なんて!と言いだし、
さすがに夫家族たちは顔真っ赤にして怒りまくった。
でも夫の会社関係も来る訳だし、それはちょっとなぁ…でも姑だし…と口出しできずにいた。
自分の要求をことごとく潰され、さらに罵倒されたトメは怒ってしまい、
「何よみんなして!もういい!私でないわ!それでいいでしょう!」と切れた。
うわー!!大変だー!と思ったら、ウトが大笑いして
「息子、良かったな!母さん出ないんだとよ!これでまともな式が出来るだろう!」
コウト「こんな婆さんにだってこれだけの思い入れがあるんだから、結婚式って大事なんだな!
お姉さん、自分のやりたいように自分の夢叶えて下さいね!」
ウト、コウト呵呵大笑して「いやー丸くおさまって良かった良かった!!」
夫も「ホントホント、非常識な真似だけはしたくないからな!」
その後トメは怒って部屋に戻って行ってしまったが、
しばらくチクチクと「どうせ母さんは出ない式だからなー!」とかいびってたw
まあ無事、無難な式をあげて、トメも出席した。
もう一年たつのにいまだにその時の事をネチネチ言ってくる事があるが、
「だから出なくていいって言ったのに…」と言うと黙るw


119: 名無しさん@HOME 2010/08/22(日) 08:34:06 0
お盆に義実家に行った時の事。
昼食のそうめんに薬味のみょうがを入れないで食べている息子(小5)にウトが
「そんなものも食べられないのか!好き嫌いはいかん!ほれ、食べてみろ」
と言った。息子は
「じいちゃんがほうれん草とトマトとニンジンとピーマンとナスを食べられるように
なったら考えてもいいよ!」
と満面の笑みで親指立ててた。ウト
「・・・そんなもん食べなくたって死にゃせん」
とブツブツ言ってたけど息子が
「うん!みょうがもね!」
と言うと黙ってそうめん啜ってた。


148: 名無しさん 2014/03/26(水)23:19:00 ID:WAEvJpEBI
書き込めるかな?弟が私をDV彼氏から救ってくれた話

スペック
私 24歳、社会人二年目
弟 21歳、大学生、美男子
DV男 25歳、私の元彼氏

就職が決まると同時に家を出て一人暮らしを始めた私。しばらくして就職先で彼氏が出来たので同棲することに。
彼氏は優しくて気配りが良くでき、正直私にはもったいないくらいの優良物件だと思っていた。だけど時間が経つにつれて彼の本性があらわになり、家事や炊事とにかく自分に面倒なことは私に押し付ける。
私が指摘すると暴言、暴力の嵐。それがわかってから私は彼氏が怖くて仕方なかった。



このページのトップヘ