すかっとする話


435:名無しさん@HOME2013/11/28(木) 01:08:36.97
暴*嫌いな方注意。

義両親はテンプレ通りのクソだった。罵倒暴*当たり前。旦那の失敗は嫁の責任でもある!
夫婦とは苦楽を分かち合うものだ!と
旦那が独身時代に作った借金を背負わされそうになってキレた。 

トメが私の分の料理を捨てる→私が旦那の分の料理を捨てる。トメに何やってんのよ!と怒られる。ぇ?夫婦は苦楽を分かち合うものなんですよね?私たった今、苦を味わったから旦那君と分かち合ってるんです。 

ウトが私をなぐる→私が旦那をなぐる。ウトに、何やってんだ!
と怒られる。ぇ?夫婦は苦楽を分かち合うry 

義両親が我が家をめちゃくちゃにする→私が義実家をめちゃくちゃにする。義実家に何やってんんだ!と怒られる。ぇ?夫婦は苦楽をry 

旦那からも何やってんだ!と怒られる。ぇ?夫婦は苦楽をry 

ぜーんぶ夫婦は苦楽をryで返した。義両親としては旦那が可愛いから、旦那に返ってくるのが一番堪えると思ったから。 

そのうちこの嫁はキチだと恐れられ、ウトが、お前がしっかり嫁のしつけしないから!とトメをなぐった。その瞬間私がウトをなぐった。 
何するんだ!と怒るウトに、嫁であるトメさんが痛い思いしてる。夫婦は苦楽をryだからウトさんも痛い思いしないと!とひたすらやられた事を返し続けた。 

結果精神おかしい嫁とは慰謝料払ってでも別れさせたいと義両親から結構な額を提示してきた。 
旦那は別れたくないとわめいたけど、慰謝料もらって別れた。 
俺を捨てる気か!とすがられたけど、だって私、義両親から守ってくれないあなたより福沢さんを愛してるの、とさっさと別れた。





464:本当にあった怖い名無し2012/11/22(木) 01:08:56.12 ID:kGmA8Ps30
ちょっと割り込んで中学校のときのやりすぎた復讐話

私の中学の合唱部は弱小で、創部10年弱、部員20名弱で
顧問は吹奏楽部の方ばかり指導していた。
そんな弱小部なので、ほとんどの先輩は真面目なんだが、
DQNも5人ばかり混ざっていた。

練習サボりは当たり前(むしろ来ないでほしい)
誕生日だからとか、反抗的な態度だったと因縁をつけて金品を要求。

グラウンド10周とか昼休みに気分で命令される。
私たち1年(8人しかいないw)は最初こそ大人しく従っていたが、
次第にDQN先輩たちを煙たく思うようになってきた。

ところで、合唱部には変な習慣があった。
最初と最後の挨拶、部の連絡事項は裏声でやるというものだ。
これは部外の連中からよく笑われていた。
ある時、ミーティングでこの習慣をやめようという話になったが、
DQNたちが面白がって反対した。そりゃ自分たちはサボってるし
出ても口パクだもんな。
「1年、伝統だからちゃんとやれよ」と言うDQNたちへの不満が
積りに積っていた私たちは、DQNたちに話しかけるときは裏声で歌うようになった。
廊下で会えば「K先輩~おはようございます♪」とミュージカル調で挨拶。
教室にわざわざ言って「今日はア~練習っさ、さ、参加!して!ください!!」と
課題曲のノリで歌う。DQNたち恥ずかしそうw




184:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage]2017/02/05(日) 14:48:05.20 ID:33E3fdBt.net
ついさっき父と母と歩いてて
父がJK風の女の子二人組とぶつかって
お互いにぶつかった感じだったけど一応謝ってた。

そしたら、オッサンに触られたー痴漢じゃね?キモーみたいな反応されて
父、(´・ω・`)←こんな顔になってた
それを後ろを歩いてた母が見て、そのJK風の子に「違うわよーあのオジサン面食いだから。安心して」って爽やかな笑顔で言っててフイタ





269:名無しさん@HOME2012/08/17(金) 10:24:03.34
ブタ切って

未熟児で生まれた息子のことをチクチク言うウトメ
棚行にきた若いお坊さんにも愚痴ってました

トメ「あんな小さく産んじゃって……ウジウジ」
坊「え、何グラムだったんですか?」
トメ「1500しかなかったんですよ」
坊「え、大きいじゃないっすか。俺、950gだったみたいですよ」

その場にいた全員が固まりました
だって、坊さん195センチ超えたかなりなマッチョマン

坊「うちの両親なんて「あんた未熟児じゃなかったら3メートルぐらいに
なってたんじゃない?未熟児に生まれてよかったわぁ」って言ってますよ」

息子抱っこしてくれて、「小さい小さい言われたら大きくなれんよなぁ。
元気になぁれ大きくなぁれって言われたら俺みたいにでかくなるぞぉ」
って言ってくれた
それまで防波堤にもなってくれなかった夫が覚醒
結婚以来の同居解消してくれたうえ、私と息子はウトメと絶縁になった


この時期になると思い出す5年前のスカ話




915: 名無しさん@HOME 2010/08/03(火) 12:50:27 0
もうすぐ法事で思い出した。 
トメ実妹の息子さんのお嫁さん(A子さん)がやってくれたスカ。 

社内では偉いのかなんだか知らないが上からどころか天から目線のウト。 
夫にも私にも、もちろん夫兄弟やその嫁子さんたちにもとても偉そうで、 
特に腹が立つのが自分のペースで何もかも進めたがるところ。 

乳幼児がいたら食事に時間がかかってしまうのも仕方ないとは思えないようで 
自分が食べ終わったら「何をしているんだ、ぐずぐずしないで早く食え」 
「トメ子(基本良トメだがウトに逆らわない)もう早く下げて片付けろよ」などと急かす。 
どこへ行ってもその調子だし、いつも眉間に皺を寄せてふんぞり返っている。 
義実家に行くと常にキビキビ行動しなきゃいけないような切迫したムードでうんざりしていた。 

数年前のトメ実母の法事でのこと。
トメ実妹宅で親戚20人ほどが集まり、ウトの仕分けにより男連中と大きな子は一階で、
嫁たちと小さい子は二階で仕出し弁当を食べていた。 

小さい子は生後二ヶ月の赤ん坊から三歳ぐらいまで七人ぐらいいて、 
ギャーギャー泣きながらずり上がって移動する赤ん坊、汁ものをこぼす子、 
食べこぼしをなすりつける子、つかまり立ち失敗で転がる子、乳丸出しの嫁子、床を拭く嫁子、 
眠すぎて眠れなくてギャン泣きする赤ん坊、山盛りになっていくおしりふき。 
四人の嫁子がそれぞれ我が子と必タヒで食事しているところへクソウトがやってきた。 
弁当が到着してからまだ二十分しか経っていないのにノックもなしでガチャン!とドアを開けて 

「まだ食べてないのか!もう皆食べ終わってるぞ!」 
「そこ!こぼしてるじゃないか!誰の家だと思っているんだ!(おまえの家じゃねーよ)」 
「あと五分で仕出し屋が来るぞ!それまでに膳を玄関にまとめておけ!」 

続きます




このページのトップヘ