いじめ


90:本当にあった怖い名無し2011/07/23(土) 12:34:27.29ID:VEGx6AcL0
凄い嫌な先輩に入社当初から(中途)、彼女の仕事以外の用事を、
押し付けられ、皆の前で出身地などを散々バカにされた。
彼女は私の出身地の馬鹿女子高出身ってことで、なんだか知らないが、
目を付けられた、ちなみに私はその地域の進学校出身。
本当に色々使われてたんだけど、私物の手紙出してとかも言われるように
なり、かなり重要な書類も出す嵌めに。面倒なので家で開封して、
生ゴミと捨ててましたw黒人との離婚歴ありには笑った!!!
〆切ある書類も当然ゴミの中へ。督促状も彼女に行ったでしょう。
税金書類関連も見てたんだが、給料少なくて可哀想に、、、っと
思った。日本人には珍しい名字ではあったが、在日と判明w
この人は、自分より後に入って来た人にが年上でも意地悪をするそうだ。
結局、郵便物が一切相手方に届かない事を知った彼女は、私を
問いただすことも無く、頼まなくなった。





820:本当にあった怖い名無し2012/10/14(日) 12:30:57.15ID:aLvHZvdI0
私は高校2年生の時、虐められていました。
私をいじめていた子は剣道部のA(男性。文武両道である程度イケメン)、
B(女性。凛々しい姿とは裏腹に弱いやつへの情けが無い。)、
顧問のC(高校2,3年時のクラス担任であり、強いやつは贔屓するが、
弱いやつは担当教科の世界史の成績も下げる。口が悪い。)の三人

虐めの内容は竹刀と木刀でのリンチで、理由は「高校1年の夏に部を辞めた軟弱者へのリンチ」でした。
正直何でそんなことで (命の危険を感じたため高校1年の夏合宿の前に部を辞めた。) 虐められるのかは分かりませんでした。
虐めを対処してほしいと顧問のCに対し訴えたのですが、「お前が悪い。あいつらはすぐ辞めた
軟弱なお前のことを想ってやっているのだから虐めではない。」と言われ相手にされませんでした。
私自身も「あいつらに何を言っても効果が無い。男のくせに女にも虐められているとバレたらどうしよう・・・」と思い、
受験勉強に勤しみ、虐めに耐えながら地元ではない東北の大学に進学しました。



大学で虐めの後遺症 (竹刀を見ると涙がボロボロ出る。吐き出す。) を治療しつつ、
就職先も決まった時に地元に里帰りしました。
大学を卒業し6年たった後、私はあるきっかけで母校に立ち寄ることになり
所要を済ませて帰ろうとした矢先、剣道場から自分を虐めたAとBが出てきて自分と鉢合わせに。
そして再び自分をなじり、曰く「自分たちは教師として母校に戻ってきた。お前のような軟弱者の人間を更生するために教育者になっている」と。


私の事をあざけりながら去って行った2人を見て、私は文字通り「腸が煮えくりかえる」ほどの怒りを覚えました。



333:可愛い奥様2013/08/07(水) NY:AN:NY.ANID:g2Dw2di20
中高と虐められて、とくに高校時代は担任教師も
一緒になって虐めてくれたよ(癖の強い子ばかりのクラスだったので
私を生け贄にすることで纏めていた感じ)
だけど大学→社会人になるにつれて、某一芸の才能が大きくなって
その道で食べていけるようになり、どういう訳だか大金持ちの御曹司で
難関国立卒の真面目な男性に好かれてとんとん拍子に結婚。

大きな家に住めて、一芸でのサロン的な活動を好きにさせて貰って
お金の苦労も一切ない、生まれた子ども達も夫似で優秀で優しい。
幸せ過ぎて過去の事など思い出しもしなかったが
たまたま高校時代に私を虐めていた連中の代表格のA子と
相手が私を拒否できない様な立場で再会。
如何にも尾羽うち枯らした風情のA子を見てつい悪心が起きて
うちに呼んで、態と正門から入れて(正客なので使用人が取り次ぐ)
応接間に通して(商談仕様なので一般人ならビビるくらい豪奢)
天然の振りしてねっとりと高校時代の虐めの話や、
今の生活の幸せさ、子ども達の優秀さを見せびらかしてやった。

A子はそれから暫くしてお子さんと心中したよ。
後から聞いたら、お子さんに重い身体と知的の障害があって
それが原因で結婚も失敗。
養育費も貰えない状況でもお子さんを一生懸命育てていて
リハビリ等も頑張っていたそうだ。

過去の事などもう忘れていたくらいだし
再会した時に、A子の気まずそうな顔を見て
ほんのちょっとだけ仕返しをしてやりたかっただけで
もしお子さんの事を知っていたら、あんな酷い事をしなかったよ。

A子の心中は、私が何かをしなくても何時かは起きていたかもしれないけど
間違いなく、私が最後の一押しをしてしまったと思う。




340: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/12/15 10:59:57.84 ID:???
私を散々虐めた男と20年ぶりに遭遇しかもヘラヘラ話し掛けてきた 
いいパパ面してたのがむかついて妻子の前で恨みつらみと今でも許してない旨伝えたら本人青くなって奥さんと年頃の娘さんが謝ってきた 
これから妻子に軽蔑されて生きていけばいいわ



351: 本当にあった怖い名無し 2015/07/23(木) 22:56:17.15 ID:Jn6xkIj10
34歳の時、同年令で独身のA子さんからよく嫌みを言われた。 

ちょうど三人目の育休から復帰したばかりで休みが多くて、 
しかも三人目は先天性の病気で入院を繰り返していたから、
独身のA子さんからしたら、邪魔な存在にしか感じなかったのだろう。 
ある日、子どもの入院前にA子さんから酷い暴言を受けた。 
「年取って無理して産むから、そんな出来損ないが産まれるんだよ」 

今までで一番傷ついた言葉だった。 

その後、人事異動でA子さんとは離れられてホッとした直後に、 
私が謎の体調不良に見舞われ、半年ほど仕事を休むことになった。



このページのトップヘ