943: 名無しさん@HOME 2012/06/25(月) 23:27:10.15 0
DVを受けてた子供が毒親を殴り倒したという話をまとめサイトで読んで
思い出した修羅場。
こんないきさつだけどDVの話とかではない。

保育所~小学生のときの私はいじめられっ子だった。
とにかくすぐ泣く。バカと言われただけで泣く。それゆえにいじめられっ子だった。
しかし小学2~4年生のころの担任がとても良い先生で、
私がいじめられないようにいろいろ考えてくれた。
(いじめっ子に注意したり、私自身が何か言われても無視できるようにしたり)
この先生には感謝してもしきれない。
なので小学生をあがるころにはすっかり私の反応が薄くなり、中学生になるころには
直接言われるようなことはなくなっていた。
しかしほんの一部の奴らは中学にあがってからも言い続けた。阿呆だ。
「きもいきもい(私)菌だ」という小学生時代から続くあまりにもアレな内容の野次は
あいかわらず無視し続けたが、それでもやっぱりうざったいものはうざったい。
どうにかならないかと考える日々を送っていた。、
その日もちょうどいつものように「(私)菌、(私)菌」とはやしたてられていた。
すると、いっしょにいた友達が「いけ!(私)ちゃん!」と叫んだ。
それはまさしくポケモンのサトシの「いけ!ピカチュウ!」のような語調で、
「私はポケモンか」と心中でツッコミを入れて放置しようとしたが、ここで名案が思い浮かんだ。
私はくるりと奴らに向き直ると、「そんなに言うなら貴様らに抱きついてやろおかあああああああ!?」と
叫んでダッシュした。