いい話・感動


746: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2014/09/04(木) 07:55:34.83
昨日で結1年。 

初めてここに報告できる。 
言えた! 
好きは何度も言ってたけど、愛してるって思った以上にハードル高かった。





801: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2014/09/08(月) 17:43:06.30
嫁から「好きです」って言われて俺もだよと返すことはよくあるけど俺から、しかも愛してるなんて言うことはほぼないので昨日言ってみたよ 
最初は!?って驚いてたが「私も愛してます」ってニコニコ 
寝る時も普段は背中合わせなんだが昨日は俺を抱き枕状態にして「俺くんの体暑い!」って言いながら就寝 
今朝もずっと俺を見てはニヤニヤしながら家事してた 
とりあえず今日はこれから嫁の好きな酒とつまみ買って帰るつもり




413:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/29(土) 12:38:34

少女どころかおじさんおばさんしか出てこないんだが、入籍した記念に結婚の経緯を書きます。
断っとくけど長いよ。

嫁は中学の2・3年の同級生で、部活も同じバレー部だったから親しかった。つっても冗談を言い合う
友達で、好きとか付き合うとかはなかった。顔もタヌキっぽくて好みじゃなかったし。
高校が別になり、大学から俺は東京に行ったんで、卒業したきり十何年か会わなかった。

俺の実家は地元の九州で食品販売系の会社をやっていて、大学を出た俺は、ゆくゆく実家を継ぐための
修行として、半強制的に実家の取引先の会社(東京)に就職した。
30過ぎたころ、新しく来た上司とどうしてもそりが合わなくて、軽いうつ病になった。会社には言わずに
通院していたが、薬でぼーっとしていたせいで通勤途上で車にはねられて両脚を骨折。それが元でうつ病の
件が会社バレし、おまけにクズ野郎の上司があることないこと会社に吹き込んだせいで遠まわしに退職を
勧められ、半分やけくそで労災込みの退職金を貰って退職した。

実家の両親は顛末を聞いて大激怒。俺は移動できるようになるとすぐ地元の実家近くの病院に転院させられ、
そこで治療とリハビリを受けることになった。
俺は二歳年上の姉がいるんだが、姉の旦那が俺が知らないうちに実家の会社を継ぐことになっていて、
まあ俺の両親からすると、実の息子の俺は会社を辞めちゃうような半端者、ということだったんだな。
私大なのに留年もしたし。
両親とも考え方の古い人たちだから仕方がない、と特に腹も立たなかった。





524:おさかなくわえた名無しさん04/06/09 13:51 ID:A1/yO2ki
高校時代、地下鉄で通学していたとき、制服のブラウスのボタンが
突然弾け飛んだ。ちょうど胸の辺りだけが弾け、胸だけが開く格好になった。
その頃は衣替えで半袖のブラウスしか着ていなくて、開いたブラウスから
胸元と下着が見え、恥ずかしくてしゃがんでしまった。
周りは興味本位で覗き込んでくるサラリーマンや、ひそひそ話をしながら
こっちを指差して笑っている同じ女子高の生徒ばかりで、起き上がることも
できず、鞄で胸元を隠したまま半泣きになってしまった。
すると、「あらあら、お嬢さん大丈夫?」と上品そうな初老のご婦人が
声をかけてきてくれた。
「ちょっとすいませんね」と周りに散らばったボタンを拾ってくれ、
「お嬢さん、恥ずかしかったでしょう?こんなおばちゃんの
服でよければ、ちょっと羽織ってて」とカーディガンを羽織らせてくれた。
次の駅で私の肩を抱いて一緒に降りてくれた。
「これを縫わなきゃねぇ。でも、学校にはもう間に合わないでしょう?
おばちゃんが電話しておきましょう」と学校と家に電話をしてくれた。
当時は携帯電話などなく、ご婦人は公衆電話から自腹で事情を
説明してくださり、「お母さまがすぐ来て下さいますって。よかったわねぇ。
もう少し、辛抱してね」と紙袋から上品そうなカットソーを手渡してくれた。





271:おさかなくわえた名無しさん04/05/16 00:30 ID:2P3FmGbS
一人暮らしと同時に飼い始めたうさぎが8歳でお星様に。
翌日、三人しかいない小さな事務所で無愛想かつ厳しいとっつきにくい上司と
おばさんパートに囲まれて仕事をしていたが不意に涙が出てきて何度もトイレに。
昼休みにお弁当を食べながらパートさんにウサギの話をして慰めてもらったけど
上司は「だったらぬいぐるみでも買え」と一言。
しかもその日は上司に急がなくてもいい書類に残業を命じられ一人事務所でPCに向かってた。
上司もさっさと帰ってしまい遠慮なく涙をこぼしながら仕事をしていたら一通のメールが。
サブジェクトは「いままでありがとう」。
本文は「○○(私)ちゃん/○○ちゃんと会えて/とっても、とっても幸せだったよ。
一緒にいれてほんとうに幸せだった。/ありがとう。/ぜったいにまたいつか会えるよね。
いつも近くにいるよ。/だから元気だしてね。だいすきだよ。」(/は改行)
そして最後にペイントで描いたらしき下手くそなうさぎの絵が。
送り主は上司のノートパソコンのアドレスでした。

次の日からも上司は何も変わらず無愛想で厳しかったけど
そのメールは綺麗な紙にプリントアウトして自宅に飾ってあります。
でも本当、絵が下手ですね、××(上司)さん(笑)





このページのトップヘ