いい話・感動


75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/08(火) 00:08:51.55 ID:vca27YgSd
嫁が入院することになった 

最短で2週間 
子無しで結婚1年未満の
未熟な夫婦なんだけど、
嫁の為に出来ることってなんですか 

嫁には私の事はいいから2週間、
きちんと食事と栄養とって
いつも通り小綺麗にしててと
言われました





380: 名無しさん@HOME 2008/04/10(木) 12:06:23
これだけでは何なので、旦那とやったDQ返し。 
ニートのコウトにプレゼントを贈りましたw 
住み込みで働ける職場見つけてあげて、 
荷造りしてあげて、引越し代も払ってあげました。 
場所は北海道、空気の良くてご飯の美味しいところです。 
何故かコウトは、タダで北海道旅行と思い込んでたみたいですがw 

その後さくっと引っ越して本籍変えて、 
旦那も私の姓に変えて、いらんもの捨てて今はスッキリw 
ウトメも了承済みですので、コウトの味方はいません。 
いい年こいて、保険も年金も通信費も人任せにしてるなと。 
溜まりに溜まったキモいゲームも本も人形も、 
エ/ロ専用PCも旦那が嬉々として処分w 
お金も名義も全部旦那だったから、ストレス解消できたみたい。 
汚部屋と生ゴミが無くなったので、 
ウトメも楽に引越し出来たと喜んでいたし、みんな幸せ。 

あれから4年ほど経つけど、コウト元気にしてるかなーw



139: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/05(水) 23:18:09.84 ID:nbfvmaJ5
獣医でもないのに、
仕事してたら生後1週間の猫に浣腸することになった  
  
あと、医療チームが結成されて親父の痴呆が治った


167: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/18(月) 13:23:09.20
冴えないオッサンリーマンな俺に
当時高3の嫁に電車内で惚れられて嫁が大学生の時に結婚。
身寄りのない俺が嫁実家に移り住みマスオさん状態。

幸せだけど未だに現状が夢なんじゃないかとたまに思う。


839: 名無しさん@おーぷん 2017/04/26(水)17:51:19 ID:Hz7
大規模災害時に避難所の物資管理を担当した
ありがたいこと大変なこと嫌なこと
たくさんあったがここで言いたいことはひとつ

「衣類は個人から募る(個人で送る)べきではない」

実はいろんなところで言われてるが
あまり浸透していないようなので
自分の体験した修羅場を書いてみたいと思う

被災者のためにと衣類を送ってくださった方々の
善意まで否定する気は毛頭ない
ただ現実的に被災地で何が起こったかを
知ってもらえたらありがたい

災害直後から届き始めた衣類の寄付は
マスコミの「冬用衣類が足りない!」
(ちょうど季節の変わり目だった)
という報道を受けて爆発的に増加

あっという間に狭い体育館を埋め尽くした
四方の壁にうずたかく積み上げられる段ボール箱
床が見えないほどの服、服、服の海…

もちろん食料品や生活雑貨など
衣類の他にもさまざまな種類の物資も続々と届く
しかし個人から送られてきた衣類ほど
スタッフを苦しめる存在はなかった

まず仕分けの手間。
普通の物資を1とすれば
衣類の箱は10というほど手間がかかる
男性・女性・子ども。
上衣・下衣・肌着・上着。そしてサイズ
せめてこれだけでも分類した状態で入っていれば
御の字だがそんな箱はほぼない
箱を開き一枚一枚手に取って確認する

これは女性のセーター、Mサイズ。
こっちは子どものズボン、140センチ。
見た目ですぐに判断できる服ばかりではない。
これは紳士?婦人?どっち? 
サイズのタグはどこについてる?
畳んである服を広げて基本情報を確認し、
また畳んで分類する

これが想像以上に膨大な時間と手間を要する。
やってもやっても衣類は減らない
それどころか次々に新手が送られてくる 





このページのトップヘ