いい話・感動

562 :育児まとめニュース 2017/02/19(日) 20:00:04 ID:asr
母親から逃げるために、弟と妹を生け贄にしたこと。

うちは両親がちょっと特殊な仕事をしていて、私は「どちらかの跡取り」になることを義務づけられていた。
物心つく前から「将来は◎◎か、△△になるのよ」と言われて育ち、そのための英才教育を徹底的に仕込まれた。
読書以外の娯楽は一切禁止で、友達と遊ぶ事も許されなかった。
幼稚園から帰るのが嫌で「家に帰りたくない、ずっと幼稚園にいたい」とダダをこねたことを、今でもよく覚えている。

小学校1年生のときクラスメイトが、
「妹が生まれてから、両親が妹にかかりっきになった。妹のことばかりで、自分はほったらかしにされている」と言うのを聞いた。
「弟か妹が生まれれば、両親は私をほったらかしにするかも」とひらめいた私は、帰宅してさっそく両親に「弟か妹がほしい」とねだった。
両親としても、跡取りは2人(「父方の職業を継ぐ子」と「母方の職業を継ぐ子」)必要なので、いずれは…と思っていたらしい。
私は両家の祖父母&従兄弟にも働きかけ、「やっぱり一人っ子は…」「兄弟はいたほうが…」と誘導してもらった。
そして私が小学校3年生のときに弟が、小学校6年生のときに妹が生まれた。

私の思惑通り母は弟と妹にかかりっきりになった。
そして私はそれとなく、弟と妹がいかに優秀か、自分よりいかに優れているかを両親と弟妹に刷り込んだ。
「弟は私より◎◎に向いてると思う」「私なんかより妹のほうが、ずっと△△がうまい」と言い続けていたら、
いつの間にか弟も妹も本気になり、私が大学受験を迎えるころには「跡継ぎになりたい」と自分から志願するほどになった。
両親は弟と妹を跡取りにし、私は晴れてお役御免となった。
「お前には悪いが、お前は跡取りとして認めない。弟妹に継がせるから、お前は自分一人で生きろ」と言われたときの開放感は忘れられない。
遠方の大学に進学し、そのまま就職して結婚して、今に至る。

2人とも立派な跡取りになり、「お姉ちゃんが譲ってくれたおかげで、天職に巡り会えた」と喜んでくれている。
譲ったんじゃなくて押し付けたんだ。巡り会えるように洗脳したんだ。
自分の人生を守るためにしたこととだから後悔はしてないけど、今でも申し訳なく思っている。


186 :育児まとめニュース 2015/04/27(月) 16:01:11 ID:???
うちの犬が脱走し、お友達の導きで帰宅した話 


中学生の時、私のじーちゃんが白い子犬をどこかから貰ってきた。
じーちゃんはゲートボールが趣味で、その帰りにスクーターに乗っけて突然つれて来た。
うちは皆動物好きなのでスルっと家族の一員になった。
子犬は女の子で、私がもののけ姫が好きだったのでサンちゃんと名づけた。
それからじーちゃんは毎日スクーターで田んぼ道をサンちゃんと散歩した。
じーちゃんは元々肺が良くなくて、あまり歩いたり走ったり出来ないからスクーターでゆーっくり散歩してた。
5年くらい経ったある日、サンちゃんが庭の柵を飛び越えて脱走してしまった。
お散歩ルートや近所中探し回ったけどとうとう見つからなかった。
それからすぐ、じーちゃんが病気が悪くなって亡くなった。
サンちゃん、じーちゃん亡くなるの分かって寂しかったのかなーとか家族で話した。
もう戻ってこないのかな と半ば諦めていた頃のある朝、見知らぬ番号から電話が来た。
出てみると声は70代くらいの上品そうなおばあちゃんで「うちにいる犬がもしかしたらお宅の犬かもしれない」と。

833 :育児まとめニュース 2019/11/01(金) 16:03:20 ID:C3.cb.L3
同級生の男子が小学4年生くらいから、たまに女物の服を着るようになった。さすがにスカートとかは履かなかったがズボンも服もフリルやラインストーン、リボンがついていて可愛らしいデザイン。
彼は坊主頭で外遊びや野球やイタズラが大好きなやんちゃな男の子だから初めの頃はみんなびっくりした。

女の服は毎日じゃなかったし、そういう格好の日は当時流行っていたオネエタレントのモノマネでふざけていたからネタでやっていると思っていた。
しかし、その格好の日は絶対に外遊びとか汚れることをしなかった。どうしてもやらなければならない時は体操服に着替えてやっていた。

数年後分かったことだが、彼には妹がいて妹はいつも下着と水着以外靴下も靴も鞄もお兄ちゃんのお下がりで女物の服が全くなかったらしい。入学式もお兄ちゃんのおさがりのスーツだった。
(私の妹が彼の妹と仲良いので知った)

妹に「私も可愛い服ほしい!」
「学校でからかわれる」と言われて親に「俺の服いらないから新しい服を買ってあげて」と頼んだら「おさがりがいっぱいあるのにもったいない」と断られたそう。

そこで妹が可愛い服を着れるようにふざけているフリをして女物の服を着ていたらしい。
よく女物の服を買ってもらえたなと思ったが、意地悪とかでなく「下の子は上の子の服を着るもの」だとナチュラルに考えていたのでどんなに奇抜な服でも買ってもらえたという。
まあ、妹ちゃんは3歳違いなので女物のお下がりを着るには3年近くかかったが。

小6の修学旅行で訪れた水族館で自分のほしいものを我慢してまで可愛いイルカのヘアピンを買ってあげていて、それが妹ちゃんの初めての髪飾りだったらしく、いつもそれをつけていたのも見た。
今も大事にしているらしい。

良いお兄ちゃんだが親が毒親過ぎないか。

511 :育児まとめニュース 2019/10/25(金) 22:01:40 ID:???
猫が婆んちの庭の木の登って降りられなくなってたのよ。
婆は猫を飼ったことがないから知らなかったのだけど、
猫ってキャット空中三回転(リアル婆とバレそうだわw)とかで
高いところからも簡単に降りられる動物だと思ってたわ。
家には誰もいないし、にゃあにゃあ泣いてるから可哀想で
どうにかしなきゃと思いながら頭捻って・・・。
梯子掛けて救助に向かうのも、暴れたら婆の身が危ないと思ったものだから、
家庭菜園の鳥よけのネットを猫の下の方に広く張って(落ちても怪我しないように)
物干し竿の先っぽに靴下を詰めた靴下を被せて(巨大マッチ棒みたいな形にして)
可哀想だけど猫のお尻をドリャ!!って一気に押したら落ちてきたわ。
正直成功するとは思わなかったのよ。
更に上に逃げたらどうしよう・・・って思ってたのだけど。
あんなところで動けなくなってるぐらいだから、元々どんくさい猫だったのかしら。

645 :育児まとめニュース 2019/12/04(水) 22:57:47 ID:DeBxw24P0.net
結婚した時は給料安かったけど結婚したら嫁を幸せにするために頑張るからどんどん昇給したぞ。
給料安い男が悪いんじゃない。
男の給料を上げられない女性.が増えたって事じゃないかな。

34 :育児まとめニュース 2014/02/07(金) 14:37:27 ID:P5M7UOoe0
うちの会社の取引先のアラブの方。
「私の宝物を見せてあげます」と言って出してきたのが
くっしゃくしゃボロボロのA5くらいの紙。

いろんなペン、いろんな筆跡で160とか××駅とか○○線とか
「この人は■駅に行きたがっています」とか書いてある。

いまは日本語も英語も問題ないんだけど、三十年くらい前?に
初来日した時はまったく話せなかったんだって。

なのに初めての日本ではしゃいじゃって、宿泊するホテルから
とんでもなく離れた場所で迷子になってしまった。
その時に、いろんな日本人が助けてくれたんだって。

英語できないからみんな一度では説明できず、
「まず○○駅に行って、そこから先はこの紙を見せて聞きなさい」とか
「■■までは160円かかるからね」とか
次々各地でメモリレーが行われたそうだ。

当時はパニくってろくにお礼も言えなかった、でも無事にホテルに着いたのは
多くの日本人のおかげ
と言っていた。

547 :育児まとめニュース 2017/02/14(火) 18:55:14 ID:ddA
数年前の墓場話。

夫に妹がいるんだけどこいつが大嫌い。お金遣いも荒いし、口も悪い。嫌がらせもされた。
夫婦両方の病気で子どもを授かることはできなかったんだけどそれをいつもチクチク言ったり。
ただ飛行機の距離の関係なので疎遠にしていた。でもたまに義妹の子ども、甥の話は聞いていた。
甥は他の親族も口をそろえていうくらい大人しい、おじさん(夫)似と言われる性.格(顔は全く違う)
なので母親があれじゃあな・・・というのもあってたまに会った時にはお小遣いとして図書券とかあげていた。
(お金は義妹が取り上げちゃうから)

その甥が中二の頃、電話がかかってきた。
「おばさん、高卒で就職先がある学校ってどこだろう?」って。
その一言で義妹が甥っ子の教育費、私たちに負担させたいって考えているのが分かった。
頭に少し血が上ったけど甥の話を聞いた。

まだやりたい仕事が決まらない。でも普通科も普通程度の学力だし、さして優秀でもない。
だけど家のお金的に大学は無理かもしれない・・・とのこと。

中学生だからそんなもんだと思う。多分夫(大卒の研究職)なら普通科に行けと言うと思う。
でも私はそうは言わなかった。
「それは職業高校でしょ?甥くんは手先が器用だし頭もいいから調理科かなんかいいんじゃない?
前に料理をするのも好きだって言ってたし。」
甥はびっくりしてたけど私は高校はいじめや家庭の事情もあって定時制高校に行ったんだよね。
だから結構職業高校の中のことも知っていて(そういう学校に勤めていた教員も多かったから)いろいろ話してあげた。

大学を出てから調理師をとってもいいけどやはり現場に出る時間が長い方が有利。
店を自営するならば調理師まではいらないけれど雇われるならば大卒よりも調理師資格の方が現場ならば役に立つ。
また調理師科のある学校とかは普通科よりも高級ホテルや航空会社の就職先があるはず、この辺りに就職したら
大変だけど一生安定した収入になる・・・
みたいなことを話したらだんだん甥っ子は調理科に興味を持った。
特に航空会社で機内食を作る仕事は日本にいながら世界中の料理に触れることが出来る、と言ったのが効いたらしい。

それで結局甥っ子は高校は調理科へ行って、高校卒業後は航空会社の機内食を作る工場へ就職。
大変だったとは思うけど、同年代と比べたら大分お給料もいいらしいし、移動はあるけど定年までいることが出来るらしい。
しかも様々な食材や調理法を若いうちから触れられるのはありがたい、と言っている。

甥はそういうこともあってことあるごとに「おばさんのお陰で調理人になれた。ありがとう」と言ってくれるし、
時々勤めている会社の美味しいお菓子を送ってくれるんだけど・・・そのたびにちょっと胸が痛い。

義妹の学費出せ!を回避するために調理科を勧めたことは誰にも言ってない。
甥の為、というわけじゃなく自分の懐と義妹が嫌いという感情だけで甥に調理科を勧めたんだから。
うまくいったのは甥の努力の結果。私はむしろ害悪だったと思う。これだけ頑張れる子なら普通科に
行っても成功したと思う。私は甥の人生を狂わせた1人だと思ってる。

今年の四月からうちの近くの工場に甥が移動になるらしい、と連絡があったので吐き捨て。
???

865 :育児まとめニュース 2019/11/27(水) 12:49:58 ID:Pl.nw.L1
イモトの結婚のコメントを見て何となく思い出したこと。
私が夫と付き合いだした頃、ちょうど花粉症の時期で鼻水のかみすぎもあり、ケアはしてても鼻の皮がめくれがちだった。
まだ1-2回目のデートだったにも関わらず、その時もまた鼻の皮が少しめくれてたらしい…
それを見た夫(当時彼氏)が、皮めくれてるよーって普通にぴっと皮を取ってくれたんだよね。
まだ20代半ばだったので可愛い私wでいなきゃと言う気持ちが大きかったけど、そんな夫の行動を見て、この人とはずっと一緒にいられるかもと密かに思ってた。
誰にも言ったことないけど、この素の自分を受け入れてもらえるって感じた経験が、結婚してもいいかもと思った最初の出来事だったりする。

952 :育児まとめニュース 2019/11/30(土) 00:16:29 ID:qh.oy.L3
昔付き合ってた女にプロポーズして、収入を理由に断られて1年くらいやさぐれていた時期がある
同時期に婚活で首尾よく男(しかも公務員)を捕まえてきた姉に、「なんで女は男に収入を求めるのか」と聞いてみた
自分でもそれが八つ当たりだと分かっていたが、どうにも苛々が止められなかったんだ
どうせ「お金じゃないよ」とか「頼りがいガー」っていう代わり映えのない返答がくるもんだと身構えていたんだが、姉から返ってきた内容は思ったのと違った
姉はきっぱりと「保険」だと言い切った
何の保険かと思ったら、男が家事をしないできないタイプだった場合の保険らしい
今まで数人と付き合って、まともに自炊能力があったのはほぼ皆無だったそうだ
そして家事をしない奴に限って折半したがる傾向にあると
「一応最低限の家事能力があるという男性.を選んだつもりだけど、これで申告したほど家事がこなせなくても、その分家計に貢献してくれたら納得できる」
「家事を分担できるなら生活費も折半するし」
「収入が同レベルなのに家事も育児もしてくれない人と支え合うことはできないでしょ」
ということらしい
家庭への貢献率を金と家事とで考えた場合、姉の感覚では男は家事ができないタイプが多いので、最初から割り切って男には収入を求めるそうだ
もし家事能力が高い男がいたなら、そいつが自分より収入が低かろうが結婚しただろうとも
この話を聞いて、そういえば俺は元カノに弁当を作ってもらったことはあっても逆はなかったなと思った
男が家事する姿を見せることで、女は安心するのかもしれないと姉の話を聞いて感じた
それからはできる限り自炊するようにして、下手くそながら弁当も会社に持っていくようにした
休みの日に掃除グッズを買って、今までおざなりだった水回りや細かいところまで掃除した
洗濯物もコインランドリー任せにせずに、タグを見て洗濯機を回すようにした
他にも色々
そのうち野菜はどこが安いとか、日用品を買うならどこの店がいいとかが分かるようになってきた
休憩中の雑談で、しつこい油汚れを氷で落とすやり方を話したら、おばちゃん達に大ウケした
異性.の同僚と弁当に向いたおかずやレシピの話をするようになった
で、気づいたら彼女ができてた
ちなみにプロポーズも成功した
今度俺の親に会ってくれることになってる
年収がイマイチでも、他で補えば嫁は来るんだなぁ
女にとっての頼りがいとか包容力って、金だけじゃなかったんだ
俺だって元カノの弁当は素直に嬉しかったし
同じものを返してやろうと考えなかったあの時の俺は馬鹿だった、フラれて当然だよな
これ以上は失敗しないようにしたいし、あと昇給の為に資格取得を頑張る

617 :育児まとめニュース 2016/03/20(日) 00:47:15 ID:D2t
子供には絶対言いたくない、爛れた学生時代を吐きだす。

思い出すのは、とにかく正に発情期だったこと。
大学進学直後から頭の中ピンク色で、一応は恋愛したいとか言ってたけど、
今考えると本音は、やりたかったんだと思う。
もう本当に、凄くやりたかった。
そして容姿に不自由でモテなかった私と、理由は知らんが
そういう関係になってくれた男友達がいた。

一度やったらすぐズルズルになり、大学時代はとにかくやった。
お互い1人暮らしだったので、連日どっちかの部屋でやった。
ひたすらやった。
風呂場でもキッチンでも押し入れでも、やりまくった。
やった以外に何話したか思い出せないくらい、会うとただやってた。
道具とやコスプレも試した。一緒にA/Vも見た。
興味があって私からもリクエストしたし、向こうも提案してくれた。
やってみたいことを色々工夫しながら、せっせとやった。
遠距離だった時期もあり、会えた日はほぼ話もせずにまずやった。
出会い頭の会話が、
「久しぶり。この辺、ラブホあるかな」
「あるよ。値段も確認しといたから行こ」
だけだったこともあった。
向こうがラブホ街を事前に調べて待ち合わせ場所を指定したと
言われたのは、一先ず一回戦が済んだ後だった。
半月前に会う約束してから、もうやることしか頭になかった私は、
心底絶賛して礼を述べ、二回戦を要求した。

一応避妊はしてて妊娠はしなかった。
正式な交際をするか2人で話し合ったのは、上記の数年後だった。


このページのトップヘ